get_option

(1.5.0以降)
get_option - オプションの値を取得する

説明

mixed get_option( string $setting [ , mixed $default = false ] )
パラメータ$settingで指定されたオプションの値を取得する。

パラメータ

  • $setting
    オプションの名前。主なオプションの名前は次の通り。
    名前適用
    siteurlWordPressのアドレス(管理画面「設定」-「一般設定」)※
    homeサイトのアドレス(ブログのアドレス)(管理画面「設定」-「一般設定」)※
    blognameブログタイトル(管理画面「設定」-「一般設定」)
    blogdescriptionキャッチフレーズ(管理画面「設定」-「一般設定」)
    admin_emailメールアドレス(管理画面「設定」-「一般設定」)
    posts_per_page1ページ内の投稿数(管理画面「設定」-「表示設定」)
    posts_per_rssRSS/Atomフィードで表示する最新の投稿数(管理画面「設定」-「表示設定」)
    comments_per_page1ページ内のコメント数(管理画面「設定」-「ディスカッション設定」)
    date_format日付フォーマット(管理画面「設定」-「一般設定」)
    time_format時刻フォーマット(管理画面「設定」-「一般設定」)
    template現在のテーマの名前
    post_count投稿数
    show_on_frontフロントページの表示(管理画面「設定」-「表示設定」)
    page_on_frontフロントページの表示>フロントページ(管理画面「設定」-「表示設定」)
    page_for_postsフロントページの表示>投稿ページ(管理画面「設定」-「表示設定」)
    gmt_offsetタイムゾーン>UTCとの時差(管理画面「設定」-「一般設定」)
    uploads_use_yearmonth_foldersアップロードフォルダの管理方法>アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理(管理画面「設定」-「メディア設定」)
    use_smilies「整形」顔文字を画像に変換して表示(管理画面「設定」-「投稿設定」)
    embed_size_w「埋め込みファイルの最大サイズ」の「幅」(管理画面「設定」-「メディア」)
    embed_size_h「埋め込みファイルの最大サイズ」の「高さ」(管理画面「設定」-「メディア」)
    blog_charsetブログの文字エンコード
    blacklist_keysコメントブラックリスト(管理画面「設定」-「ディスカッション」)
    moderation_keysコメントモデレーション(管理画面「設定」-「ディスカッション」)
    sticky_posts「この投稿を先頭に固定表示」がチェックされている投稿情報のIDを格納した配列
    • ※WordPress MUの場合、設定画面が異なる。
  • $default
    デフォルトの値。

返り値

パラメータ$settingで指定されたオプションの値を返す。$settingで指定されたオプションが設定されていない場合は、パラメータ$defaultの値を返す。

注意

WordPressのバージョンによってオプションは異なる。

[4.9.0]"pre_option_{$option}"フィルターにパラメータ$defaultが追加された。

使用例

  • 'siteurl'という名前のオプションの値を取得する。
    <?php $siteurl = get_option( 'siteurl' ); ?>

フィルター

[1.5.0]オプション名が空以外の場合、"pre_option_{$option}"フィルターを呼び出す。パラメータ$preは標準でfalseが格納され、このフィルターでfalse以外の値を返すとそれがオプションの値となる。[4.4.0]$optionが追加され、本関数が受け取った同名の内容が格納される。[4.9.0]パラメータ$defaultには本関数が受け取った内容が格納される。
$pre = apply_filters( "pre_option_{$option}", $pre, $option, $default );
[3.4.0]WordPressのインストール時以外で指定されたオプション値が見つからない場合、'default_option_'.$optionフィルターを呼び出す。パラメータ$defaultは本関数が受け取った内容が格納される。[4.4.0]$optionが追加され、本関数が受け取った同名の内容が格納される。
return apply_filters( 'default_option_' . $option, $default, $option );
[1.5.0]要求された値を返す直前に呼び出される(一部のオプションはフィルターを通らない)。フィルター名はオプション名の前に'option_'を付けたもので、パラメータ$valueには返す直前のオプション値(必要に応じてシリアライズ済)が格納される。[4.4.0]$optionが追加され、本関数が受け取った同名の内容が格納される。
return apply_filters( 'option_'.$option, $value, $option );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php
/wp-includes/option.php

関連

お勧めコンテンツ

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.1.0では「Dashiconsの挿入」を追加しました。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

最終更新日時 : 2017-11-16 13:57