get_page_by_title

(2.1.0以降)
get_page_by_title - ページタイトルのページ情報を取得する

説明

mixed get_page_by_title( string $page_title [ , string $output = OBJECT [ , string $post_type = 'page' ] ] )
指定されたタイトルの投稿情報を取得する。

パラメータ

  • $page_title
    タイトルを指定。
  • $output
    取得形式としてOBJECT、ARRAY_N、ARRAY_Aの何れかを指定(省略時はOBJECT)。
  • $post_type
    投稿タイプとして'page'、'post'などを指定(省略時は'page')。

返り値

投稿情報が見つかった場合は、パラメータ$outputで指定された形式でその情報を返す。見つからなかった場合はnullを返す。

注意

パラメータ$post_typeを指定することで、「ページ('page')」以外の投稿タイプも検索できる。

使用例

  • タイトルが'紹介'のページ情報(オブジェクト)を取得する。
    <?php $post = get_page_by_title( '紹介' ); ?>
  • タイトルが'紹介'のページ情報(連想配列)を取得する。
    <?php $post = get_page_by_title( '紹介', ARRAY_A ); ?>
  • タイトルが'Hello world!'の投稿情報(オブジェクト)を取得する。
    <?php $post = get_page_by_title( 'Hello world!', OBJECT, 'post' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

  • get_page - ページ情報を取得する

お勧めコンテンツ

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

最終更新日時 : 2012-06-01 17:49