get_page_children

(1.5.1以降)
get_page_children - 子孫のページ情報を取得する

説明

array get_page_children( int $page_id, array $pages )
子孫のページ情報を取得する。

パラメータ

  • $page_id
    親となるページ情報の投稿IDを指定。
  • $pages
    ページ情報の配列を指定。

返り値

子孫のページ情報が格納された配列を返す。子孫ページが見つからなかった場合は空の配列を返す。

注意

パラメータ$pagesには、get_pages関数などで取得したページ情報の配列を指定する。
この関数内では、再帰的にこの関数を呼び出すことで子ページだけでなく、さらに孫ページ(子ページの子ページ)も探している。

使用例

  • $pagesの中からIDが10のページの子孫のページ情報を探す。
    <?php $children = get_page_children( 10, $pages ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40