get_page_link

(1.5.0以降)
get_page_link - 固定ページのパーマリンクURLを取得する

説明

string get_page_link( [ mixed $post = false [ , bool $leavename = false [ , bool $sample = false ] ] ] )
固定ページのパーマリンクURLを取得する。

パラメータ

  • $post
    固定ページまたはその投稿情報ID(省略時はfalseとなり、現在の投稿情報を調べる)。
  • $leavename
    投稿名およびページ名を除外する場合はfalse、有効にする場合はtrueを指定(省略時はfalseとなり、投稿名およびページ名を有効にする)。
  • $sample
    サンプル用パーマリンクの場合はtrue、通常のパーマリンクの場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

固定ページのパーマリンクURLを返す。

注意

対象の固定ページが「フロントページ」に指定されている(get_option( 'show_on_front' )が'page'でget_option( 'page_on_front' )が対象の固定ページのID)場合、パーマリンクURLはhome_url( '/' )になる。

使用例

  • $pageで指定した固定ページのパーマリンクURLを取得する。
    <?php $url = get_page_link( $page ); ?>

フィルター

パーマリンクURLを返す直前に'page_link'フィルターを呼び出す。$linkにはパーマリンクURL、$post_idには固定ページのID、$sampleは同名パラメータの値が格納される。
return apply_filters( 'page_link', $link, $post_id, $sample );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

  • get_option - オプションの値を取得する
  • get_page_uri - 固定ページのURIを取得する
  • get_permalink - 投稿情報のパーマリンクを取得する
  • get_post - 投稿情報を取得する
  • get_post_permalink - カスタム投稿タイプの投稿ページのパーマリンクを取得する
  • home_url - 現在のブログのホームURLを取得する

お勧めコンテンツ

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

Login rebuilder 2.3.0の新機能を紹介(2017年8月31日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」はログイン時の履歴(ログ)や不正なログインページへのアクセス履歴を保存している。これらの履歴情報はダッシュボートで確認できるが、バージョン2.3.0においてそれぞれがダウンロードできるようになった。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

最終更新日時 : 2014-06-17 15:36