get_page_template_slug

(3.4.0以降)
get_page_template_slug - 固定ページに指定されているテンプレートファイルのスラッグを取得する

説明

mixed get_page_template_slug( int $page_id )
固定ページに指定されているテンプレートファイルのスラッグを取得する。

パラメータ

  • $page_id
    固定ページ(page)情報のIDを指定。

返り値

パラメータ$page_idで指定された固定ページ情報のテンプレートファイルのスラッグを返す。$page_idで指定された投稿情報が固定ページ以外の場合はfalseを返す。また、専用のテンプレートファイルが指定されていない場合は''を返す。

注意

固定ページ(page)のテンプレートファイルのスラッグは、その投稿情報のカスタムフィールド'_wp_page_template'に格納されている。

[4.7.0]本関数は対象となる投稿情報が固定ページのみだったが、バージョン4.7.0から任意の投稿タイプが対象となった。

使用例

  • 投稿情報が格納された変数$pageに指定されているテンプレートファイルのスラッグを取得する。
    <?php $template_slug = get_page_template_slug( $page->ID ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

  • get_post - 投稿情報を取得する
  • get_post_meta - カスタムフィールド情報を取得する

お勧めコンテンツ

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

最終更新日時 : 2017-01-11 15:54