get_page_uri

(1.5.0以降)
get_page_uri - 固定ページのURIを取得する

説明

mixed get_page_uri( mixed $page )
固定ページのURIを取得する。

パラメータ

  • $page
    固定ページの投稿IDまたは投稿情報を指定。

返り値

固定ページのURIを返す。パラメータ$pageが無効な場合はfalseを返す。

注意

固定ページのURIは、投稿名(post_name)となる。その固定ページが親ページを持っている場合は、「親ページの投稿名/指定された固定ページの投稿名」となる。

なお返り値のURIは、先頭に'/'は付いていないので、その点は注意すること。

使用例

  • 固定ページのURIを取得する。
    <?php $uri = get_page_uri( $page ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

  • get_page - ページ情報を取得する
  • get_page_link - 固定ページのパーマリンクURLを取得する
  • get_permalink - 投稿情報のパーマリンクを取得する
  • get_post_permalink - カスタム投稿タイプの投稿ページのパーマリンクを取得する
  • $post - 投稿情報

お勧めコンテンツ

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.1.0では「Dashiconsの挿入」を追加しました。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

最終更新日時 : 2014-06-17 15:36