get_pages

(1.5.0以降)
get_pages - 固定ページを取得する

説明

array get_pages( [ mixed $args = '' ] )
固定ページを取得する。

パラメータ

  • $args
    検索条件を文字列または連想配列で指定(省略時は'')。主なキーワードは次の通り。
    キーワード意味
    child_of子孫のページを取得するための親固定ページのID(省略時は0)
    sort_order並び順として'ASC'か'DESC'を指定(省略時は'ASC')。
    sort_columnソート対象として'ID'、'post_title'、'menu_order'などのカラム名か'rand'、'comment_count'を指定(省略時は'post_title')
    hierarchical下階層を取得する場合は1、しない場合は0を指定(省略時は1)
    exclude除外する固定ページのID(省略時はarray())
    include取得する固定ページのID(省略時はarray())
    meta_keyカスタムフィールドの名前(省略時は'')
    meta_valueカスタムフィールドの値(省略時は'')
    authors投稿者ID。複数指定する場合は空白文字かカンマで区切る(省略時は'')
    parent親の固定ページのID(省略時は-1)
    exclude_tree除外する親固定ページのID(省略時は'')
    number取得件数(省略時は'')
    offset取得位置を示すオフセット(省略時は0)
    post_type投稿情報タイプ(省略時は'page')
    post_status投稿ステータスを示す'auto-draft'、'draft'、'inherit'、'private'、'publish'、'any'など(省略時は'publish')

返り値

パラメータ$argsで指定された条件にマッチする固定ページ情報を配列で返す。マッチする固定ページがない場合は空の配列となる。固定ページ情報の内容は投稿情報と同じ(詳しくは$postを参照)。

注意

投稿ページを取得するget_posts関数の固定ページ版的な位置づけの関数で、検索条件のパラメータは多少異なっている。 includeパラメータを指定した場合は、以下のパラメータは強制的に書き換えられる。
キーワード書き換えられる値
child_of0
parent-1
exclude''
meta_key''
meta_value''
hierarchicalfalse(0)
child_of(省略時は0)
またchild_ofとparentキーワードの違いは、取得する階層にある。child_ofキーワードを指定した場合はそれ以下すべてが対象になるが、parentはその直下のみが対象になる。

使用例

  • 公開されているすべての固定ページを取得する。
    <?php $pages = get_pages(); ?>
  • 文字列で条件を指定して固定ページを取得する。
    <?php $pages = get_pages( 'number=10' ); ?>
  • 連想配列で条件を指定して固定ページを取得する。
    <?php $pages = get_pages( array( 'number'=>10, 'offset'=>10) ); ?>

フィルター

取得した固定ページ情報を返す直前にget_pagesフィルターが実行される。$pagesには、取得した固定ページ情報の配列が、$rには展開された検索パラメータが格納される。
$pages = apply_filters( 'get_pages', $pages, $r );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

最終更新日時 : 2015-04-28 10:17