get_pages

(1.5.0以降)
get_pages - 固定ページを取得する

説明

array get_pages( [ mixed $args = '' ] )
固定ページを取得する。

パラメータ

  • $args
    検索条件を文字列または連想配列で指定(省略時は'')。主なキーワードは次の通り。
    キーワード意味
    child_of子孫のページを取得するための親固定ページのID(省略時は0)
    sort_order並び順として'ASC'か'DESC'を指定(省略時は'ASC')。
    sort_columnソート対象として'ID'、'post_title'、'menu_order'などのカラム名か'rand'、'comment_count'を指定(省略時は'post_title')
    hierarchical下階層を取得する場合は1、しない場合は0を指定(省略時は1)
    exclude除外する固定ページのID(省略時はarray())
    include取得する固定ページのID(省略時はarray())
    meta_keyカスタムフィールドの名前(省略時は'')
    meta_valueカスタムフィールドの値(省略時は'')
    authors投稿者ID。複数指定する場合は空白文字かカンマで区切る(省略時は'')
    parent親の固定ページのID(省略時は-1)
    exclude_tree除外する親固定ページのID(省略時は'')
    number取得件数(省略時は'')
    offset取得位置を示すオフセット(省略時は0)
    post_type投稿情報タイプ(省略時は'page')
    post_status投稿ステータスを示す'auto-draft'、'draft'、'inherit'、'private'、'publish'、'any'など(省略時は'publish')

返り値

パラメータ$argsで指定された条件にマッチする固定ページ情報を配列で返す。マッチする固定ページがない場合は空の配列となる。固定ページ情報の内容は投稿情報と同じ(詳しくは$postを参照)。

注意

投稿ページを取得するget_posts関数の固定ページ版的な位置づけの関数で、検索条件のパラメータは多少異なっている。 includeパラメータを指定した場合は、以下のパラメータは強制的に書き換えられる。
キーワード書き換えられる値
child_of0
parent-1
exclude''
meta_key''
meta_value''
hierarchicalfalse(0)
child_of(省略時は0)
またchild_ofとparentキーワードの違いは、取得する階層にある。child_ofキーワードを指定した場合はそれ以下すべてが対象になるが、parentはその直下のみが対象になる。

使用例

  • 公開されているすべての固定ページを取得する。
    <?php $pages = get_pages(); ?>
  • 文字列で条件を指定して固定ページを取得する。
    <?php $pages = get_pages( 'number=10' ); ?>
  • 連想配列で条件を指定して固定ページを取得する。
    <?php $pages = get_pages( array( 'number'=>10, 'offset'=>10) ); ?>

フィルター

取得した固定ページ情報を返す直前にget_pagesフィルターが実行される。$pagesには、取得した固定ページ情報の配列が、$rには展開された検索パラメータが格納される。
$pages = apply_filters( 'get_pages', $pages, $r );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

最終更新日時 : 2015-04-28 10:17