get_pages

(1.5.0以降)
get_pages - 固定ページを取得する

説明

array get_pages( [ mixed $args = '' ] )
固定ページを取得する。

パラメータ

  • $args
    検索条件を文字列または連想配列で指定(省略時は'')。主なキーワードは次の通り。
    キーワード意味
    child_of子孫のページを取得するための親固定ページのID(省略時は0)
    sort_order並び順として'ASC'か'DESC'を指定(省略時は'ASC')。
    sort_columnソート対象として'ID'、'post_title'、'menu_order'などのカラム名か'rand'、'comment_count'を指定(省略時は'post_title')
    hierarchical下階層を取得する場合は1、しない場合は0を指定(省略時は1)
    exclude除外する固定ページのID(省略時はarray())
    include取得する固定ページのID(省略時はarray())
    meta_keyカスタムフィールドの名前(省略時は'')
    meta_valueカスタムフィールドの値(省略時は'')
    authors投稿者ID。複数指定する場合は空白文字かカンマで区切る(省略時は'')
    parent親の固定ページのID(省略時は-1)
    exclude_tree除外する親固定ページのID(省略時は'')
    number取得件数(省略時は'')
    offset取得位置を示すオフセット(省略時は0)
    post_type投稿情報タイプ(省略時は'page')
    post_status投稿ステータスを示す'auto-draft'、'draft'、'inherit'、'private'、'publish'、'any'など(省略時は'publish')

返り値

パラメータ$argsで指定された条件にマッチする固定ページ情報を配列で返す。マッチする固定ページがない場合は空の配列となる。固定ページ情報の内容は投稿情報と同じ(詳しくは$postを参照)。

注意

投稿ページを取得するget_posts関数の固定ページ版的な位置づけの関数で、検索条件のパラメータは多少異なっている。 includeパラメータを指定した場合は、以下のパラメータは強制的に書き換えられる。
キーワード書き換えられる値
child_of0
parent-1
exclude''
meta_key''
meta_value''
hierarchicalfalse(0)
child_of(省略時は0)
またchild_ofとparentキーワードの違いは、取得する階層にある。child_ofキーワードを指定した場合はそれ以下すべてが対象になるが、parentはその直下のみが対象になる。

使用例

  • 公開されているすべての固定ページを取得する。
    <?php $pages = get_pages(); ?>
  • 文字列で条件を指定して固定ページを取得する。
    <?php $pages = get_pages( 'number=10' ); ?>
  • 連想配列で条件を指定して固定ページを取得する。
    <?php $pages = get_pages( array( 'number'=>10, 'offset'=>10) ); ?>

フィルター

取得した固定ページ情報を返す直前にget_pagesフィルターが実行される。$pagesには、取得した固定ページ情報の配列が、$rには展開された検索パラメータが格納される。
$pages = apply_filters( 'get_pages', $pages, $r );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.7.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

最終更新日時 : 2015-04-28 10:17