get_pages

(1.5.0以降)
get_pages - 固定ページを取得する

説明

array get_pages( [ mixed $args = '' ] )
固定ページを取得する。

パラメータ

  • $args
    検索条件を文字列または連想配列で指定(省略時は'')。主なキーワードは次の通り。
    キーワード意味
    child_of子孫のページを取得するための親固定ページのID(省略時は0)
    sort_order並び順として'ASC'か'DESC'を指定(省略時は'ASC')。
    sort_columnソート対象として'ID'、'post_title'、'menu_order'などのカラム名か'rand'、'comment_count'を指定(省略時は'post_title')
    hierarchical下階層を取得する場合は1、しない場合は0を指定(省略時は1)
    exclude除外する固定ページのID(省略時はarray())
    include取得する固定ページのID(省略時はarray())
    meta_keyカスタムフィールドの名前(省略時は'')
    meta_valueカスタムフィールドの値(省略時は'')
    authors投稿者ID。複数指定する場合は空白文字かカンマで区切る(省略時は'')
    parent親の固定ページのID(省略時は-1)
    exclude_tree除外する親固定ページのID(省略時は'')
    number取得件数(省略時は'')
    offset取得位置を示すオフセット(省略時は0)
    post_type投稿情報タイプ(省略時は'page')
    post_status投稿ステータスを示す'auto-draft'、'draft'、'inherit'、'private'、'publish'、'any'など(省略時は'publish')

返り値

パラメータ$argsで指定された条件にマッチする固定ページ情報を配列で返す。マッチする固定ページがない場合は空の配列となる。固定ページ情報の内容は投稿情報と同じ(詳しくは$postを参照)。

注意

投稿ページを取得するget_posts関数の固定ページ版的な位置づけの関数で、検索条件のパラメータは多少異なっている。 includeパラメータを指定した場合は、以下のパラメータは強制的に書き換えられる。
キーワード書き換えられる値
child_of0
parent-1
exclude''
meta_key''
meta_value''
hierarchicalfalse(0)
child_of(省略時は0)
またchild_ofとparentキーワードの違いは、取得する階層にある。child_ofキーワードを指定した場合はそれ以下すべてが対象になるが、parentはその直下のみが対象になる。

使用例

  • 公開されているすべての固定ページを取得する。
    <?php $pages = get_pages(); ?>
  • 文字列で条件を指定して固定ページを取得する。
    <?php $pages = get_pages( 'number=10' ); ?>
  • 連想配列で条件を指定して固定ページを取得する。
    <?php $pages = get_pages( array( 'number'=>10, 'offset'=>10) ); ?>

フィルター

取得した固定ページ情報を返す直前にget_pagesフィルターが実行される。$pagesには、取得した固定ページ情報の配列が、$rには展開された検索パラメータが格納される。
$pages = apply_filters( 'get_pages', $pages, $r );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

最終更新日時 : 2015-04-28 10:17