get_parent_theme_file_path

(4.7.0以降)
get_parent_theme_file_path - 子テーマから親テーマ内にあるファイルのパス名を取得する

説明

string get_parent_theme_file_path( string $file = '' )
親テーマ内にあるファイルのパス名を取得する。

パラメータ

  • $file
    ファイル名を指定(省略時は'')。

返り値

親テーマ内にあるファイルのパス名を返す。

注意

パラメータ$fileが''の場合は、get_template_directory関数で取得できるパス名が適用される(末尾に'/'は付かない)。
$fileが''以外の場合は、親テーマ内のファイルとみなし(存在確認はされない)そのURIが適用される。

使用例

  • 親テーマのパス名を取得する。
    <?php $path = get_parent_theme_file_path(); ?>
  • 親テーマ内にある「js/common.js」のパス名を取得する。
    <?php $path = get_parent_theme_file_path( 'js/common.js' ); ?>

フィルター

[4.7.0]パス名を返す前に'parent_theme_file_path'フィルターを呼び出す。パラメータ$pathには適用したパス名が、$fileには本関数が受け取った内容が格納されている。
return apply_filters( 'parent_theme_file_path', $path, $file );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

日本語が含まれていないコメントを無効化する(2012年1月31日 登録)

日本のユーザーを対象にサービス(情報)展開しているサイトの場合、英文のみのコメントはあまりうれしくない。ましてやスパムコメントの対応は時間の無駄でしかない。そんなわけで、日本語を含んでいないコメントを無効化することにした。

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

新「WordPress Events and News」ウィジェットが興味深い(2017年5月26日 登録)

4.8のベータ版ですぐに新機能とわかるのが管理者ダッシュボードの新「WordPress Events and News」ウィジェット。ユーザーが指定した地域近隣で開催されるイベント情報を表示してくれるウィジェットで、この中のフォームがちょっと興味深かった。なおこの記事はWordPress 4.8 beta-2をもとにしており、以降のバージョンで変更される可能性があることをあらかじめ断っておく。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

最終更新日時 : 2017-04-05 09:59