get_parent_theme_file_uri

(4.7.0以降)
get_parent_theme_file_uri - 子テーマから親テーマ内にあるファイルのURIを取得する

説明

string get_parent_theme_file_uri( string $file = '' )
親テーマ内にあるファイルのURIを取得する。

パラメータ

  • $file
    ファイル名を指定(省略時は'')。

返り値

親テーマ内にあるファイルのURIを返す。

注意

パラメータ$fileが''の場合は、get_template_directory_uri関数で取得できるURIが適用される(末尾に'/'は付かない)。
$fileが''以外の場合は、親テーマ内のファイルとみなし(存在確認はされない)そのURIが適用される。

使用例

  • 親テーマのURIを取得する。
    <?php $uri = get_parent_theme_file_uri(); ?>
  • 親テーマ内にあるcommon.jsのURIを取得する。
    <script type="text/javascript" src="<?php echo esc_url( get_parent_theme_file_uri( 'js/common.js' ) ); ?>"></script>

フィルター

[4.7.0]URIを返す前に'parent_theme_file_uri'フィルターを呼び出す。パラメータ$uriには適用したURIが、$fileには本関数が受け取った内容が格納されている。
return apply_filters( 'parent_theme_file_uri', $url, $file );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.7.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2017年5月16日 登録)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

最終更新日時 : 2017-04-04 14:59