get_permalink

(1.0.0以降)
get_permalink - 投稿情報のパーマリンクを取得する

説明

string get_permalink( [ int $id = 0 [ , bool $leavename = false ] ] )
現在の投稿情報(グローバル変数$post)または指定した投稿情報のパーマリンクを取得する。

パラメータ

  • $id
    投稿情報ID(省略時は0となり、現在の投稿情報を調べる)。
  • $leavename
    投稿名およびページ名を除外する場合はfalse、有効にする場合はtrueを指定(省略時はfalseとなり、投稿名およびページ名を有効にする)。

返り値

投稿情報のパーマリンクを返す。

注意

特にありません。

使用例

  • 現在の投稿情報のパーマリンクを取得する。
    <?php $link = get_permalink( ); ?>
  • 投稿情報IDが10の投稿情報のパーマリンクを取得する。
    <?php $link = get_permalink( 10 ); ?>

フィルター

'page'と'attachment'以外の標準投稿タイプの場合、'pre_post_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$permalinkにはget_option( 'permalink_structure' )の内容が、$postには投稿情報が、パラメータ$leavenameの内容が格納される。
$permalink = apply_filters( 'pre_post_link', $permalink, $post, $leavename );
'page'と'attachment'以外の標準投稿タイプでパーマリンクを返す直前に'post_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$permalinkには作成されたパーマリンクが、$postには投稿情報が、パラメータ$leavenameの内容が格納される。
$permalink = apply_filters( 'post_link', $permalink, $post, $leavename );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40