get_permalink

(1.0.0以降)
get_permalink - 投稿情報のパーマリンクを取得する

説明

string get_permalink( [ int $id = 0 [ , bool $leavename = false ] ] )
現在の投稿情報(グローバル変数$post)または指定した投稿情報のパーマリンクを取得する。

パラメータ

  • $id
    投稿情報ID(省略時は0となり、現在の投稿情報を調べる)。
  • $leavename
    投稿名およびページ名を除外する場合はfalse、有効にする場合はtrueを指定(省略時はfalseとなり、投稿名およびページ名を有効にする)。

返り値

投稿情報のパーマリンクを返す。

注意

特にありません。

使用例

  • 現在の投稿情報のパーマリンクを取得する。
    <?php $link = get_permalink( ); ?>
  • 投稿情報IDが10の投稿情報のパーマリンクを取得する。
    <?php $link = get_permalink( 10 ); ?>

フィルター

'page'と'attachment'以外の標準投稿タイプの場合、'pre_post_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$permalinkにはget_option( 'permalink_structure' )の内容が、$postには投稿情報が、パラメータ$leavenameの内容が格納される。
$permalink = apply_filters( 'pre_post_link', $permalink, $post, $leavename );
'page'と'attachment'以外の標準投稿タイプでパーマリンクを返す直前に'post_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$permalinkには作成されたパーマリンクが、$postには投稿情報が、パラメータ$leavenameの内容が格納される。
$permalink = apply_filters( 'post_link', $permalink, $post, $leavename );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

JavaScriptテンプレートを使ってみた(2017年6月6日 登録)

前回の記事」で取り上げた「WordPress Events and News」ウィジェットでは入力された地名のAJAX処理してその地名近隣のイベント情報を表示している。特に表示部分では「JavaScriptテンプレート」が採用されており、今更ながら調べてみた。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40