get_post

(1.5.1以降)
get_post - 投稿情報を取得する

説明

mixed get_post( mixed & $post [ , string $output = OBJECT [ , string $filter = 'raw' ] ] )
任意の投稿情報を取得する。

パラメータ

  • $post
    投稿情報または投稿IDが格納された変数
  • $output
    出力形式(OBJECT、ARRAY_A、ARRAY_Nの何れか)を指定(省略時はOBJECT)。
  • $filter
    フィルターを指定(省略時は'raw')。

返り値

投稿情報が見つかった場合は$outputで指定した形式(オブジェクトまたは配列)で返す。投稿情報が見つからない場合はnullを返す。

注意

パラメータ$postは省略できない。nullや0などを指定した場合は、グローバル変数の$GLOBAL['post']を調べ、セットされている場合はその内容を、セットされていない場合はnullを返す。

パラメータ$postだが、どこがのバージョンで投稿IDを変数に入れないとエラーになっていたが、最新版は投稿IDを指定しても問題なくなっている。

パラメータ$outputにARRAY_AまたはARRAY_Nを指定した場合は、固定ページとそれ以外の投稿タイプとでは得られる配列の要素が異なる。具体的には固定ページの場合は'page_template'(ARRAY_Nの場合は25)にテンプレートファイル名が格納されるが、固定ページ以外の場合はこの要素がない。ARRAY_Nを指定してキーが25以降の値を参照するときは注意が必要である。

使用例

  • 投稿IDが10の投稿情報を取得する。
    <?php $post = get_post( 10 $id = 10 ); ?>
  • 投稿IDが10の投稿情報を連想配列で取得する。
    <?php $post = get_post( 10, ARRAY_A ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

最終更新日時 : 2016-05-23 13:15