get_post

(1.5.1以降)
get_post - 投稿情報を取得する

説明

mixed get_post( mixed & $post [ , string $output = OBJECT [ , string $filter = 'raw' ] ] )
任意の投稿情報を取得する。

パラメータ

  • $post
    投稿情報または投稿IDが格納された変数
  • $output
    出力形式(OBJECT、ARRAY_A、ARRAY_Nの何れか)を指定(省略時はOBJECT)。
  • $filter
    フィルターを指定(省略時は'raw')。

返り値

投稿情報が見つかった場合は$outputで指定した形式(オブジェクトまたは配列)で返す。投稿情報が見つからない場合はnullを返す。

注意

パラメータ$postは省略できない。nullや0などを指定した場合は、グローバル変数の$GLOBAL['post']を調べ、セットされている場合はその内容を、セットされていない場合はnullを返す。

パラメータ$postだが、どこがのバージョンで投稿IDを変数に入れないとエラーになっていたが、最新版は投稿IDを指定しても問題なくなっている。

パラメータ$outputにARRAY_AまたはARRAY_Nを指定した場合は、固定ページとそれ以外の投稿タイプとでは得られる配列の要素が異なる。具体的には固定ページの場合は'page_template'(ARRAY_Nの場合は25)にテンプレートファイル名が格納されるが、固定ページ以外の場合はこの要素がない。ARRAY_Nを指定してキーが25以降の値を参照するときは注意が必要である。

使用例

  • 投稿IDが10の投稿情報を取得する。
    <?php $post = get_post( 10 $id = 10 ); ?>
  • 投稿IDが10の投稿情報を連想配列で取得する。
    <?php $post = get_post( 10, ARRAY_A ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

最終更新日時 : 2016-05-23 13:15