get_post

(1.5.1以降)
get_post - 投稿情報を取得する

説明

mixed get_post( mixed & $post [ , string $output = OBJECT [ , string $filter = 'raw' ] ] )
任意の投稿情報を取得する。

パラメータ

  • $post
    投稿情報または投稿IDが格納された変数
  • $output
    出力形式(OBJECT、ARRAY_A、ARRAY_Nの何れか)を指定(省略時はOBJECT)。
  • $filter
    フィルターを指定(省略時は'raw')。

返り値

投稿情報が見つかった場合は$outputで指定した形式(オブジェクトまたは配列)で返す。投稿情報が見つからない場合はnullを返す。

注意

パラメータ$postは省略できない。nullや0などを指定した場合は、グローバル変数の$GLOBAL['post']を調べ、セットされている場合はその内容を、セットされていない場合はnullを返す。

パラメータ$postだが、どこがのバージョンで投稿IDを変数に入れないとエラーになっていたが、最新版は投稿IDを指定しても問題なくなっている。

パラメータ$outputにARRAY_AまたはARRAY_Nを指定した場合は、固定ページとそれ以外の投稿タイプとでは得られる配列の要素が異なる。具体的には固定ページの場合は'page_template'(ARRAY_Nの場合は25)にテンプレートファイル名が格納されるが、固定ページ以外の場合はこの要素がない。ARRAY_Nを指定してキーが25以降の値を参照するときは注意が必要である。

使用例

  • 投稿IDが10の投稿情報を取得する。
    <?php $post = get_post( 10 $id = 10 ); ?>
  • 投稿IDが10の投稿情報を連想配列で取得する。
    <?php $post = get_post( 10, ARRAY_A ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

最終更新日時 : 2016-05-23 13:15