get_post_ancestors

(2.5.0以降)
get_post_ancestors - 先祖の投稿IDを取得する

説明

array get_post_ancestors( mixed $post )
先祖の投稿IDを取得する。

パラメータ

  • $post
    投稿IDまたは投稿情報(オブジェクト)を指定。

返り値

先祖の投稿を遡りすべての投稿IDが格納された配列を返す。先祖の投稿がない場合は空の配列となる。

注意

返り値の配列に格納される投稿IDは、パラメータ$postから階層レベルが近い順となり、最上位の投稿の投稿IDは、配列の最後に配置される。例えばパラメータに孫投稿を指定した場合、配列の中身は{ 0=>親投稿ID, 1=>親の親投稿ID }となる。

使用例

  • $postで示す投稿について先祖の投稿IDを取得する。
    <?php $ancestors = get_post_ancestors( $post ); ?>
  • $postで示す投稿について階層レベル数(トップレベルが0)を取得する。
    <?php $level = count( get_post_ancestors( $post ) ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

最終更新日時 : 2014-12-26 12:12