get_post_ancestors

(2.5.0以降)
get_post_ancestors - 先祖の投稿IDを取得する

説明

array get_post_ancestors( mixed $post )
先祖の投稿IDを取得する。

パラメータ

  • $post
    投稿IDまたは投稿情報(オブジェクト)を指定。

返り値

先祖の投稿を遡りすべての投稿IDが格納された配列を返す。先祖の投稿がない場合は空の配列となる。

注意

返り値の配列に格納される投稿IDは、パラメータ$postから階層レベルが近い順となり、最上位の投稿の投稿IDは、配列の最後に配置される。例えばパラメータに孫投稿を指定した場合、配列の中身は{ 0=>親投稿ID, 1=>親の親投稿ID }となる。

使用例

  • $postで示す投稿について先祖の投稿IDを取得する。
    <?php $ancestors = get_post_ancestors( $post ); ?>
  • $postで示す投稿について階層レベル数(トップレベルが0)を取得する。
    <?php $level = count( get_post_ancestors( $post ) ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

最終更新日時 : 2014-12-26 12:12