get_post_ancestors

(2.5.0以降)
get_post_ancestors - 先祖の投稿IDを取得する

説明

array get_post_ancestors( mixed $post )
先祖の投稿IDを取得する。

パラメータ

  • $post
    投稿IDまたは投稿情報(オブジェクト)を指定。

返り値

先祖の投稿を遡りすべての投稿IDが格納された配列を返す。先祖の投稿がない場合は空の配列となる。

注意

返り値の配列に格納される投稿IDは、パラメータ$postから階層レベルが近い順となり、最上位の投稿の投稿IDは、配列の最後に配置される。例えばパラメータに孫投稿を指定した場合、配列の中身は{ 0=>親投稿ID, 1=>親の親投稿ID }となる。

使用例

  • $postで示す投稿について先祖の投稿IDを取得する。
    <?php $ancestors = get_post_ancestors( $post ); ?>
  • $postで示す投稿について階層レベル数(トップレベルが0)を取得する。
    <?php $level = count( get_post_ancestors( $post ) ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

日本語が含まれていないコメントを無効化する(2012年1月31日 登録)

日本のユーザーを対象にサービス(情報)展開しているサイトの場合、英文のみのコメントはあまりうれしくない。ましてやスパムコメントの対応は時間の無駄でしかない。そんなわけで、日本語を含んでいないコメントを無効化することにした。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

最終更新日時 : 2014-12-26 12:12