get_post_ancestors

(2.5.0以降)
get_post_ancestors - 先祖の投稿IDを取得する

説明

array get_post_ancestors( mixed $post )
先祖の投稿IDを取得する。

パラメータ

  • $post
    投稿IDまたは投稿情報(オブジェクト)を指定。

返り値

先祖の投稿を遡りすべての投稿IDが格納された配列を返す。先祖の投稿がない場合は空の配列となる。

注意

返り値の配列に格納される投稿IDは、パラメータ$postから階層レベルが近い順となり、最上位の投稿の投稿IDは、配列の最後に配置される。例えばパラメータに孫投稿を指定した場合、配列の中身は{ 0=>親投稿ID, 1=>親の親投稿ID }となる。

使用例

  • $postで示す投稿について先祖の投稿IDを取得する。
    <?php $ancestors = get_post_ancestors( $post ); ?>
  • $postで示す投稿について階層レベル数(トップレベルが0)を取得する。
    <?php $level = count( get_post_ancestors( $post ) ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

さくらのVPSでKUSANAGI(2017年5月15日 登録)

請け負っていた業務が一段落したので、「さくらのVPS」で「KUSANAGI」を試してみました。推奨環境はメモリ4GBとなっているが、今回は実験的な利用なので、SSD 2GBプランでトライしました。

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

最終更新日時 : 2014-12-26 12:12