get_post_class

(2.7.0以降)
get_post_class - 投稿記事のクラス名を取得する

説明

array get_post_class( [ mixed $class = '' [ , int $post_id = null ] ] )
投稿記事のクラス名を取得する。

パラメータ

  • $class
    追加するクラス名を文字列まはた配列で指定(省略時は'')。
  • $post_id
    対象となる投稿情報のIDを指定(省略時はnull)。

返り値

クラス名を含んだ配列を返す。

注意

クラス名はesc_attr関数で属性値として無効な文字は取り除かれる。

クラス名としては、'post-{ID}'、'type-{投稿タイプ名}'、'status-{投稿ステータス}'、'format-{投稿フォーマット名}'、'hentry'、'category-{カテゴリーのスラッグまたはID}'、'tag-{投稿タグのスラッグまたはID}'など。

[4.2.0]カスタムタクソノミーが'{カスタムタクソノミー名}-{そのスラッグまたはID}'の形式で追加されるようになった。

使用例

  • 現在の投稿情報のクラス名を取得する。
    <?php $classes = get_post_class(); ?>
  • 現在の投稿情報のクラス名に'topic'を追加して取得する。。
    <?php $classes = get_post_class( 'topic' ); ?>
  • IDが2014の投稿情報のクラス名を取得する。。
    <?php $classes = get_post_class( '', 2014 ); ?>

フィルター

クラス名を含んだ配列を返す直前に'post_class'フィルターを呼び出す。パラメータ$classesにはクラス名の配列が、$classには本関数が受け取った値、$post_IDは実際の投稿情報のID値となる。
return apply_filters( 'post_class', $classes, $class, $post_ID );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

  • esc_attr - HTMLタグ属性をエスケープする
  • get_post - 投稿情報を取得する
  • post_class - 投稿情報のクラス属性を表示する

お勧めコンテンツ

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

最終更新日時 : 2015-04-27 09:48