get_post_class

(2.7.0以降)
get_post_class - 投稿記事のクラス名を取得する

説明

array get_post_class( [ mixed $class = '' [ , int $post_id = null ] ] )
投稿記事のクラス名を取得する。

パラメータ

  • $class
    追加するクラス名を文字列まはた配列で指定(省略時は'')。
  • $post_id
    対象となる投稿情報のIDを指定(省略時はnull)。

返り値

クラス名を含んだ配列を返す。

注意

クラス名はesc_attr関数で属性値として無効な文字は取り除かれる。

クラス名としては、'post-{ID}'、'type-{投稿タイプ名}'、'status-{投稿ステータス}'、'format-{投稿フォーマット名}'、'hentry'、'category-{カテゴリーのスラッグまたはID}'、'tag-{投稿タグのスラッグまたはID}'など。

[4.2.0]カスタムタクソノミーが'{カスタムタクソノミー名}-{そのスラッグまたはID}'の形式で追加されるようになった。

使用例

  • 現在の投稿情報のクラス名を取得する。
    <?php $classes = get_post_class(); ?>
  • 現在の投稿情報のクラス名に'topic'を追加して取得する。。
    <?php $classes = get_post_class( 'topic' ); ?>
  • IDが2014の投稿情報のクラス名を取得する。。
    <?php $classes = get_post_class( '', 2014 ); ?>

フィルター

クラス名を含んだ配列を返す直前に'post_class'フィルターを呼び出す。パラメータ$classesにはクラス名の配列が、$classには本関数が受け取った値、$post_IDは実際の投稿情報のID値となる。
return apply_filters( 'post_class', $classes, $class, $post_ID );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

  • esc_attr - HTMLタグ属性をエスケープする
  • get_post - 投稿情報を取得する
  • post_class - 投稿情報のクラス属性を表示する

お勧めコンテンツ

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

最終更新日時 : 2015-04-27 09:48