get_post_class

(2.7.0以降)
get_post_class - 投稿記事のクラス名を取得する

説明

array get_post_class( [ mixed $class = '' [ , int $post_id = null ] ] )
投稿記事のクラス名を取得する。

パラメータ

  • $class
    追加するクラス名を文字列まはた配列で指定(省略時は'')。
  • $post_id
    対象となる投稿情報のIDを指定(省略時はnull)。

返り値

クラス名を含んだ配列を返す。

注意

クラス名はesc_attr関数で属性値として無効な文字は取り除かれる。

クラス名としては、'post-{ID}'、'type-{投稿タイプ名}'、'status-{投稿ステータス}'、'format-{投稿フォーマット名}'、'hentry'、'category-{カテゴリーのスラッグまたはID}'、'tag-{投稿タグのスラッグまたはID}'など。

[4.2.0]カスタムタクソノミーが'{カスタムタクソノミー名}-{そのスラッグまたはID}'の形式で追加されるようになった。

使用例

  • 現在の投稿情報のクラス名を取得する。
    <?php $classes = get_post_class(); ?>
  • 現在の投稿情報のクラス名に'topic'を追加して取得する。。
    <?php $classes = get_post_class( 'topic' ); ?>
  • IDが2014の投稿情報のクラス名を取得する。。
    <?php $classes = get_post_class( '', 2014 ); ?>

フィルター

クラス名を含んだ配列を返す直前に'post_class'フィルターを呼び出す。パラメータ$classesにはクラス名の配列が、$classには本関数が受け取った値、$post_IDは実際の投稿情報のID値となる。
return apply_filters( 'post_class', $classes, $class, $post_ID );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

  • esc_attr - HTMLタグ属性をエスケープする
  • get_post - 投稿情報を取得する
  • post_class - 投稿情報のクラス属性を表示する

お勧めコンテンツ

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加しました。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

最終更新日時 : 2015-04-27 09:48