get_post_custom

(1.2.0以降)
get_post_custom - カスタムフィールド情報をすべて取得する

説明

array get_post_custom( [ int $post_id = 0 ] )
投稿情報に設定されているカスタムフィールド情報をすべて取得する。

パラメータ

  • $post_id
    投稿ID(省略時は現在の投稿情報の投稿ID(グローバル変数$id))。

返り値

カスタムフィールド情報をカスタムフィールド名をキーにした連想配列を返す。また各キーの値は、そのカスタムフィールド情報が単独であっても配列となる。
例)pageというカスタムフィールド名で値が10の場合。
キーデータ型
_edit_lockArray[0] => 1245733061
_edit_lastArray[0] => 2
pageArray[0] => 10

注意

戻り値にはWordPressシステムが内部で使用している情報(_edit_lock、_edit_lastなど。バージョンに依存)も含まれる。

使用例

  • 現在の投稿情報のカスタムフィールドをすべて取得する。
    <?php $fields = get_post_custom() ?>
  • 投稿IDが10の投稿情報のカスタムフィールドをすべて取得する。
    <?php $fields = get_post_custom( 10 ) ?>

関連

お勧めコンテンツ

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

最終更新日時 : 2013-10-07 15:19