get_post_custom

(1.2.0以降)
get_post_custom - カスタムフィールド情報をすべて取得する

説明

array get_post_custom( [ int $post_id = 0 ] )
投稿情報に設定されているカスタムフィールド情報をすべて取得する。

パラメータ

  • $post_id
    投稿ID(省略時は現在の投稿情報の投稿ID(グローバル変数$id))。

返り値

カスタムフィールド情報をカスタムフィールド名をキーにした連想配列を返す。また各キーの値は、そのカスタムフィールド情報が単独であっても配列となる。
例)pageというカスタムフィールド名で値が10の場合。
キーデータ型
_edit_lockArray[0] => 1245733061
_edit_lastArray[0] => 2
pageArray[0] => 10

注意

戻り値にはWordPressシステムが内部で使用している情報(_edit_lock、_edit_lastなど。バージョンに依存)も含まれる。

使用例

  • 現在の投稿情報のカスタムフィールドをすべて取得する。
    <?php $fields = get_post_custom() ?>
  • 投稿IDが10の投稿情報のカスタムフィールドをすべて取得する。
    <?php $fields = get_post_custom( 10 ) ?>

関連

お勧めコンテンツ

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.1.0では「Dashiconsの挿入」を追加しました。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

ログインページのタイトルを変更してみる(2017年11月17日 登録)

バージョン4.9では新しいフィルターやフィルターのパラメータの追加が多数行われている。ここではその一例としてログインページ関連で追加された2つのフィルターを紹介する。

最終更新日時 : 2013-10-07 15:19