get_post_custom_keys

(1.2.0以降)
get_post_custom_keys - 投稿記事のカスタムフィールド名を取得する

説明

array get_post_custom_keys( [ int $post_id = 0 ] )
投稿記事のカスタムフィールド名を取得する。

パラメータ

  • $post_id
    投稿情報ID(省略時は0)

返り値

投稿記事のカスタムフィールド名の配列を返す。投稿記事にカスタムフィールドが設定されていない場合はNULLを返す(何も返さない)。

注意

内部ではget_post_custom関数を呼び出している。

使用例

  • 現在の投稿記事のカスタムフィールド名を取得する。
    <?php $keys = get_post_custom_keys(); ?>
  • 投稿情報IDが10の投稿記事のカスタムフィールド名を取得する。
    <?php $keys = get_post_custom_keys( 10 ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

検索ワード「-10,000円」を検索できるようにしたい(2017年7月20日 登録)

とあるサイトで「-10,000円」をキーワードに検索した際、予想と異なるページが表示され、ちょっと驚いた。今回はその原因調査と対策についてまとめてみた。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

最終更新日時 : 2013-02-01 12:53