get_post_custom_keys

(1.2.0以降)
get_post_custom_keys - 投稿記事のカスタムフィールド名を取得する

説明

array get_post_custom_keys( [ int $post_id = 0 ] )
投稿記事のカスタムフィールド名を取得する。

パラメータ

  • $post_id
    投稿情報ID(省略時は0)

返り値

投稿記事のカスタムフィールド名の配列を返す。投稿記事にカスタムフィールドが設定されていない場合はNULLを返す(何も返さない)。

注意

内部ではget_post_custom関数を呼び出している。

使用例

  • 現在の投稿記事のカスタムフィールド名を取得する。
    <?php $keys = get_post_custom_keys(); ?>
  • 投稿情報IDが10の投稿記事のカスタムフィールド名を取得する。
    <?php $keys = get_post_custom_keys( 10 ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

最終更新日時 : 2013-02-01 12:53