get_post_custom_values

説明

array get_post_custom_values( [ string $key = '' [ , int $post_id = 0 ] ] )
カスタムフィールドの値を取得する。

パラメータ

  • $key
    カスタムフィールドの名前を指定(省略時は'')。
  • $post_id
    投稿情報のIDを指定(省略時は0)。

返り値

カスタムフィールドの値を配列で返す。ただし、投稿情報にカスタムフィールドが登録されていない場合はnullを返す。

注意

パラメータ$post_idを省略した場合は、現在の投稿情報のカスタムフィールドが対象となる。
get_post_meta関数で、パラメータ$singleにfalseを指定した場合に似ているが、$keyで指定したカスタムフィールドが登録されていない場合の返り値が異なる。

使用例

  • 現在の投稿情報のカスタムフィールド'drink'の値を取得する。
    <?php $val = get_post_custom_values( 'drink' ); ?>
  • 投稿IDが10のカスタムフィールド'drink'の値を取得する。
    <?php $val = get_post_custom_values( 'drink', 10 ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

最終更新 : 2013年10月07日 15:19



お勧め

決まった値を返すだけの関数群(2018年5月27日 更新)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 更新)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

続テーマを変更せずにWebフォントを使ってみた(2022年2月8日 更新)

先日投稿した「テーマを変更せずにWebフォントを使ってみた」では、テーマ「Twenty Twenty One」でWebフォントを使うことができた。その後、ほかのテーマで試したところ、そのままではWebフォントを使うことができなかった。今回は、それらのテーマの対応について紹介する。

Login rebuilder 2.4.0の新機能を紹介(2018年5月27日 更新)

昨日、約半年ぶりにLogin rebuilderをアップデートし、著者ページ(author page)の閲覧を制限できる機能を追加した。この機能は、著者ページの閲覧によってユーザーIDが類推されることを防ぐことが目的としている。

新規投稿時の本文プレースホルダーテキストを変える(2021年9月9日 更新)

ブロックエディターに影響を与えるフィルターは多数存在する。今回紹介するフィルターはその1つで、新規投稿時の本文ブロックのプレースホルダーテキストを変更するものだ。