get_post_custom_values

(1.2.0以降)
get_post_custom_values - カスタムフィールドの値を取得する

説明

array get_post_custom_values( [ string $key = '' [ , int $post_id = 0 ] ] )
カスタムフィールドの値を取得する。

パラメータ

  • $key
    カスタムフィールドの名前を指定(省略時は'')。
  • $post_id
    投稿情報のIDを指定(省略時は0)。

返り値

カスタムフィールドの値を配列で返す。ただし、投稿情報にカスタムフィールドが登録されていない場合はnullを返す。

注意

パラメータ$post_idを省略した場合は、現在の投稿情報のカスタムフィールドが対象となる。
get_post_meta関数で、パラメータ$singleにfalseを指定した場合に似ているが、$keyで指定したカスタムフィールドが登録されていない場合の返り値が異なる。

使用例

  • 現在の投稿情報のカスタムフィールド'drink'の値を取得する。
    <?php $val = get_post_custom_values( 'drink' ); ?>
  • 投稿IDが10のカスタムフィールド'drink'の値を取得する。
    <?php $val = get_post_custom_values( 'drink', 10 ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

  • get_post_custom - カスタムフィールド情報をすべて取得する
  • get_post_meta - カスタムフィールド情報を取得する

お勧めコンテンツ

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

プラグインのヘッダー情報を国際化対応しよう(2017年6月19日 登録)

バージョン4.8がリリースされてひと段落。あらためてプラグイン一覧ページを見てみると「Akismet」が「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と表示されていた。説明文だけじゃなくプラグイン名も国際化対応できたのね。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

最終更新日時 : 2013-10-07 15:19