get_post_custom_values

(1.2.0以降)
get_post_custom_values - カスタムフィールドの値を取得する

説明

array get_post_custom_values( [ string $key = '' [ , int $post_id = 0 ] ] )
カスタムフィールドの値を取得する。

パラメータ

  • $key
    カスタムフィールドの名前を指定(省略時は'')。
  • $post_id
    投稿情報のIDを指定(省略時は0)。

返り値

カスタムフィールドの値を配列で返す。ただし、投稿情報にカスタムフィールドが登録されていない場合はnullを返す。

注意

パラメータ$post_idを省略した場合は、現在の投稿情報のカスタムフィールドが対象となる。
get_post_meta関数で、パラメータ$singleにfalseを指定した場合に似ているが、$keyで指定したカスタムフィールドが登録されていない場合の返り値が異なる。

使用例

  • 現在の投稿情報のカスタムフィールド'drink'の値を取得する。
    <?php $val = get_post_custom_values( 'drink' ); ?>
  • 投稿IDが10のカスタムフィールド'drink'の値を取得する。
    <?php $val = get_post_custom_values( 'drink', 10 ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

  • get_post_custom - カスタムフィールド情報をすべて取得する
  • get_post_meta - カスタムフィールド情報を取得する

お勧めコンテンツ

Login rebuilder 2.3.0の新機能を紹介(2017年8月31日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」はログイン時の履歴(ログ)や不正なログインページへのアクセス履歴を保存している。これらの履歴情報はダッシュボートで確認できるが、バージョン2.3.0においてそれぞれがダウンロードできるようになった。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2013-10-07 15:19