get_post_field

(2.3.0以降)
get_post_field - 投稿情報の要素を取得する

説明

string get_post_field( string $field [ , mixed $post = null [ , string $context = 'display' ] ] )
投稿情報の要素を取得する。

パラメータ

  • $field
    投稿情報の要素名('post_title'、'post_content'、'post_excerpt'、'post_date'、'post_status'など)を指定。
  • $post
    投稿IDまたは投稿情報オブジェクトを指定([4.5.0]省略時はnull)。
  • $context
    フィルター名を指定(省略時は'display')。

返り値

指定された投稿情報の要素を返す。

注意

取得できる要素の内容はsanitize_post_field関数によってサニタイズ済みとなる。

[4.5.0]パラメータ$postは省略可能になった。

使用例

  • 現在の投稿のタイトルを取得する。
    <?php $title = get_post_field( 'post_title' ); ?>
  • パラメータ$post_idで指定した投稿情報の投稿ステータスを取得する。
    <?php $status = get_post_field( 'post_status', $post_id ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

  • get_post - 投稿情報を取得する

お勧めコンテンツ

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加しました。

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

最終更新日時 : 2016-05-23 13:14