get_post_field

(2.3.0以降)
get_post_field - 投稿情報の要素を取得する

説明

string get_post_field( string $field [ , mixed $post = null [ , string $context = 'display' ] ] )
投稿情報の要素を取得する。

パラメータ

  • $field
    投稿情報の要素名('post_title'、'post_content'、'post_excerpt'、'post_date'、'post_status'など)を指定。
  • $post
    投稿IDまたは投稿情報オブジェクトを指定([4.5.0]省略時はnull)。
  • $context
    フィルター名を指定(省略時は'display')。

返り値

指定された投稿情報の要素を返す。

注意

取得できる要素の内容はsanitize_post_field関数によってサニタイズ済みとなる。

[4.5.0]パラメータ$postは省略可能になった。

使用例

  • 現在の投稿のタイトルを取得する。
    <?php $title = get_post_field( 'post_title' ); ?>
  • パラメータ$post_idで指定した投稿情報の投稿ステータスを取得する。
    <?php $status = get_post_field( 'post_status', $post_id ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

  • get_post - 投稿情報を取得する

お勧めコンテンツ

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

最終更新日時 : 2016-05-23 13:14