get_post_field

説明

string get_post_field( string $field [ , mixed $post = null [ , string $context = 'display' ] ] )
投稿情報の要素を取得する。

パラメータ

  • $field
    投稿情報の要素名('post_title'、'post_content'、'post_excerpt'、'post_date'、'post_status'など)を指定。
  • $post
    投稿IDまたは投稿情報オブジェクトを指定([4.5.0]省略時はnull)。
  • $context
    フィルター名を指定(省略時は'display')。

返り値

指定された投稿情報の要素を返す。

注意

取得できる要素の内容は sanitize_post_field関数によってサニタイズ済みとなる。

[4.5.0]パラメータ$postは省略可能になった。


使用例

  • 現在の投稿のタイトルを取得する。
    <?php $title = get_post_field( 'post_title' ); ?>
  • パラメータ$post_idで指定した投稿情報の投稿ステータスを取得する。
    <?php $status = get_post_field( 'post_status', $post_id ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

最終更新 : 2018年05月27日 10:44



お勧め

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2018年5月27日 更新)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

プラグインのヘッダー情報を国際化対応しよう(2018年5月27日 更新)

バージョン4.8がリリースされてひと段落。あらためてプラグイン一覧ページを見てみると「Akismet」が「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と表示されていた。説明文だけじゃなくプラグイン名も国際化対応できたのね。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2017年12月17日 更新)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.1.0では「Dashiconsの挿入」を追加しました。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

JavaScriptテンプレートを使ってみた(2018年8月21日 更新)

前回の記事」で取り上げた「WordPress Events and News」ウィジェットでは入力された地名のAJAX処理してその地名近隣のイベント情報を表示している。特に表示部分では「JavaScriptテンプレート」が採用されており、今更ながら調べてみた。

5.3の新機能:JPEG画像の向きを自動調整(2019年10月17日 更新)

WordPress 5.3 Beta 1」に記載されていた「Automatic image rotation during upload」という見出し。画像ファイルに含まれるEXIF情報内の「向き」により、画像の向きを自動的に調整するというもの。どんな実装なのか気になったのでソースコードをざっくり眺めてみた。