get_post_format

(3.1.0以降)
get_post_format - 投稿記事のフォーマットを取得する

説明

mixed get_post_format( [ mixed $post = null ] )
投稿記事のフォーマットを取得する。

パラメータ

  • $post
    投稿IDまたは投稿情報を指定(省略時はnull)

返り値

投稿記事のフォーマット名(スラッグ)を返す。無効なフォーマットの場合はfalseを返す。

注意

フォーマットは'post_format'というタクソノミー情報。3.2標準テーマ「Twenty Eleven」では、'aside', 'link', 'gallery', 'status', 'quote', 'image'がある(テーマに依存する)。これはテーマ内のfunctions.phpにてテーマの初期化時に次のように設定しているため。
add_theme_support( 'post-formats', array( 'aside', 'link', 'gallery', 'status', 'quote', 'image' ) );
テーマ内ではこのフォーマットを利用して、デザインを変更できる。 なお、これらフォーマットはデータベースに保存される際には'post-format-'が前に付く('aside'であれば'post-format-aside'となる)。

使用例

  • 現在の投稿記事のフォーマットを取得する。
    <?php $format = get_post_format( ); ?>
  • 投稿IDが10の投稿記事のフォーマットを取得する。
    <?php $format = get_post_format( 10 ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

最終更新日時 : 2011-09-11 21:40