get_post_format

(3.1.0以降)
get_post_format - 投稿記事のフォーマットを取得する

説明

mixed get_post_format( [ mixed $post = null ] )
投稿記事のフォーマットを取得する。

パラメータ

  • $post
    投稿IDまたは投稿情報を指定(省略時はnull)

返り値

投稿記事のフォーマット名(スラッグ)を返す。無効なフォーマットの場合はfalseを返す。

注意

フォーマットは'post_format'というタクソノミー情報。3.2標準テーマ「Twenty Eleven」では、'aside', 'link', 'gallery', 'status', 'quote', 'image'がある(テーマに依存する)。これはテーマ内のfunctions.phpにてテーマの初期化時に次のように設定しているため。
add_theme_support( 'post-formats', array( 'aside', 'link', 'gallery', 'status', 'quote', 'image' ) );
テーマ内ではこのフォーマットを利用して、デザインを変更できる。 なお、これらフォーマットはデータベースに保存される際には'post-format-'が前に付く('aside'であれば'post-format-aside'となる)。

使用例

  • 現在の投稿記事のフォーマットを取得する。
    <?php $format = get_post_format( ); ?>
  • 投稿IDが10の投稿記事のフォーマットを取得する。
    <?php $format = get_post_format( 10 ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

最終更新日時 : 2011-09-11 21:40