get_post_format

(3.1.0以降)
get_post_format - 投稿記事のフォーマットを取得する

説明

mixed get_post_format( [ mixed $post = null ] )
投稿記事のフォーマットを取得する。

パラメータ

  • $post
    投稿IDまたは投稿情報を指定(省略時はnull)

返り値

投稿記事のフォーマット名(スラッグ)を返す。無効なフォーマットの場合はfalseを返す。

注意

フォーマットは'post_format'というタクソノミー情報。3.2標準テーマ「Twenty Eleven」では、'aside', 'link', 'gallery', 'status', 'quote', 'image'がある(テーマに依存する)。これはテーマ内のfunctions.phpにてテーマの初期化時に次のように設定しているため。
add_theme_support( 'post-formats', array( 'aside', 'link', 'gallery', 'status', 'quote', 'image' ) );
テーマ内ではこのフォーマットを利用して、デザインを変更できる。 なお、これらフォーマットはデータベースに保存される際には'post-format-'が前に付く('aside'であれば'post-format-aside'となる)。

使用例

  • 現在の投稿記事のフォーマットを取得する。
    <?php $format = get_post_format( ); ?>
  • 投稿IDが10の投稿記事のフォーマットを取得する。
    <?php $format = get_post_format( 10 ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

最終更新日時 : 2011-09-11 21:40