get_post_format_slugs

(3.1.0以降)
get_post_format_slugs - 投稿フォーマットのスラッグ一覧を取得する

説明

string get_post_format_slugs( )
投稿フォーマットのスラッグ一覧を取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

投稿フォーマットのスラッグを連想配列で返す。WordPress 3.2.1では次の通り。
array(	'standard' => 'standard',
	'aside' => 'aside'
	'chat' => 'chat',
	'gallery' => 'gallery',
	'link' => 'link',
	'image' => 'image',
	'quote' => 'quote',
	'status' => 'status',
	'video' => 'video',
	'audio' => 'audio'
	);

注意

この関数は、add_theme_support関数で'post-format'が指定された際に、パラメータで指定されたスラッグが有効なスラッグか調べる際に利用されている。

使用例

  • 投稿フォーマットのスラッグ一覧を取得する。
    <?php $slugs = get_post_format_slugs( ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加、1.3.0では投稿タイトルのみの検索をサポートしました。

最終更新日時 : 2011-09-12 18:04