get_post_format_slugs

(3.1.0以降)
get_post_format_slugs - 投稿フォーマットのスラッグ一覧を取得する

説明

string get_post_format_slugs( )
投稿フォーマットのスラッグ一覧を取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

投稿フォーマットのスラッグを連想配列で返す。WordPress 3.2.1では次の通り。
array(	'standard' => 'standard',
	'aside' => 'aside'
	'chat' => 'chat',
	'gallery' => 'gallery',
	'link' => 'link',
	'image' => 'image',
	'quote' => 'quote',
	'status' => 'status',
	'video' => 'video',
	'audio' => 'audio'
	);

注意

この関数は、add_theme_support関数で'post-format'が指定された際に、パラメータで指定されたスラッグが有効なスラッグか調べる際に利用されている。

使用例

  • 投稿フォーマットのスラッグ一覧を取得する。
    <?php $slugs = get_post_format_slugs( ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

最終更新日時 : 2011-09-12 18:04