get_post_format_string

(3.1.0以降)
get_post_format_string - 投稿フォーマット名を取得する

説明

string get_post_format_string( [ string $slug ] )
投稿フォーマット名を取得する。

パラメータ

  • $slug
    投稿フォーマットのスラッグを指定。

返り値

パラメータ$slugで指定された投稿フォーマット名を返す。パラメータ$slugが省略された場合は'標準'を、該当する投稿フォーマットが見つからなかった場合は''を返す。

注意

投稿フォーマット名は国際化対応済みの名称となり、国指定によって変わる。

使用例

  • 標準の投稿フォーマット名を取得する。
    <?php $name = get_post_format_string( ); ?>
  • 'aside'の投稿フォーマット名を取得する。
    <?php $name = get_post_format_string( 'aside' ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

dashiconsの一覧表(2017年6月26日 登録)

管理画面のメニューなどで使用されるアイコンはバージョン3.8で追加されたdashiconsは実態はWebフォントであり、cssのクラス名で容易に利用できる。これまでプラグインを作る際に個別に調べたりしていたのだが、全体をパッと見たかったので整理してみた。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

最終更新日時 : 2011-09-11 21:52