get_post_format_strings

(3.1.0以降)
get_post_format_strings - 投稿フォーマット名の一覧を取得する

説明

string get_post_format_strings( )
投稿フォーマット名の一覧を取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

投稿フォーマットの連想配列を返す。連想配列のキーはスラッグ、内容は国際化対応済みの名称となる。WordPress 3.2.1で日本語指定の場合は次の通り。
array(	'standard' => '標準',
	'aside' => 'アサイド'
	'chat' => 'チャット',
	'gallery' => 'ギャラリー',
	'link' => 'リンク',
	'image' => '画像',
	'quote' => '引用',
	'status' => 'ステータス',
	'video' => '動画',
	'audio' => '音声'
	);

注意

テーマやプラグインにより、投稿フォーマットを追加することは原則できない(wp-includes/posts.phpを変更することで物理的には可能ではあるのだが)。 経緯については「Post Formats are not extendable」を参照。

使用例

  • 投稿フォーマット名の一覧を取得する。
    <?php $names = get_post_format_strings( ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2015年7月9日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

最終更新日時 : 2011-09-12 18:02