get_post_meta

(1.5.0以降)
get_post_meta - カスタムフィールド情報を取得する

説明

mixed get_post_meta( int $post_id [ , string $key='' [ , bool $single = false ] ] )
パラメータ$keyで指定されたカスタムフィールドの値を取得する。

パラメータ

  • $post_id
    投稿ID。
  • $key
    カスタムフィールドの名前(省略時は'')。
  • $single
    単一のカスタムフィールドの値を取得する場合はtrue、複数のカスタムフィールドの値を取得する場合はfalseを指定(省略時は'')。

返り値

パラメータ$singleがtrueの場合は、投稿データにパラメータ$keyの名前で登録されている1番目のカスタムフィールドの値を文字列として返す。パラメータ$singleがfalseの場合は、投稿データにパラメータ$keyの名前で登録されているすべてのカスタムフィールドの値を配列で返す。

注意

カスタムフィールドが設定されてない場合、返り値は空文字列になる。

使用例

  • すべてのカスタムフィールドの値を取得する。
    <?php $values = get_post_meta( $post->ID ); ?>
  • 'keywords'という名前のカスタムフィールドの値を取得する。
    <?php $keywords = get_post_meta( $post->ID , 'keywords' , true ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

最終更新日時 : 2014-10-23 19:56