get_post_meta

(1.5.0以降)
get_post_meta - カスタムフィールド情報を取得する

説明

mixed get_post_meta( int $post_id [ , string $key='' [ , bool $single = false ] ] )
パラメータ$keyで指定されたカスタムフィールドの値を取得する。

パラメータ

  • $post_id
    投稿ID。
  • $key
    カスタムフィールドの名前(省略時は'')。
  • $single
    単一のカスタムフィールドの値を取得する場合はtrue、複数のカスタムフィールドの値を取得する場合はfalseを指定(省略時は'')。

返り値

パラメータ$singleがtrueの場合は、投稿データにパラメータ$keyの名前で登録されている1番目のカスタムフィールドの値を文字列として返す。パラメータ$singleがfalseの場合は、投稿データにパラメータ$keyの名前で登録されているすべてのカスタムフィールドの値を配列で返す。

注意

カスタムフィールドが設定されてない場合、返り値は空文字列になる。

使用例

  • すべてのカスタムフィールドの値を取得する。
    <?php $values = get_post_meta( $post->ID ); ?>
  • 'keywords'という名前のカスタムフィールドの値を取得する。
    <?php $keywords = get_post_meta( $post->ID , 'keywords' , true ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加。最新の2.2.0では管理者のログイン時にメールで通知する機能を追加しました。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

最終更新日時 : 2014-10-23 19:56