get_post_permalink

(3.0.0以降)
get_post_permalink - カスタム投稿タイプの投稿ページのパーマリンクを取得する

説明

string get_post_permalink( [ int $id = 0 [ , bool $leavename = false [ , bool $sample = false ] ] ] )
カスタム投稿タイプの投稿ページのパーマリンクを取得する。

パラメータ

  • $id
    投稿IDを指定(省略時は0)。
  • $leavename
    投稿名を保持する場合はtrueを指定(省略時はfalse)。
  • $sample
    サンプルパーマリンクの場合はtrueを指定(省略時はfalse)。

返り値

カスタム投稿タイプのパーマリンクを返す。投稿IDが無効の場合はfalseを返す。

注意

通常シングルページのパーマリンクはget_permalink関数で取得でき、この関数も内部で呼び出されている。固定ページのパーマリンクを取得するget_page_linkと同様のパラメータを持ち、使い方も似ている。

使用例

  • 現在のカスタム投稿タイプの投稿ページのパーマリングを取得する。
    <?php $url = get_post_permalink(); ?>
  • カスタム投稿タイプの投稿IDが101のパーマリングを取得する。
    <?php $url = get_post_permalink( 101 ); ?>

フィルター

[3.0.0]パーマリンクを返す直前に'post_type_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$linkにはパーマリンクが、その他のパラメータには本関数が受け取った値が格納されている。
return apply_filters( 'post_type_link', $post_link, $post, $leavename, $sample );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.1.0では「Dashiconsの挿入」を追加しました。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加。最新の2.2.0では管理者のログイン時にメールで通知する機能を追加しました。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2014-06-12 09:16