get_post_permalink

(3.0.0以降)
get_post_permalink - カスタム投稿タイプの投稿ページのパーマリンクを取得する

説明

string get_post_permalink( [ int $id = 0 [ , bool $leavename = false [ , bool $sample = false ] ] ] )
カスタム投稿タイプの投稿ページのパーマリンクを取得する。

パラメータ

  • $id
    投稿IDを指定(省略時は0)。
  • $leavename
    投稿名を保持する場合はtrueを指定(省略時はfalse)。
  • $sample
    サンプルパーマリンクの場合はtrueを指定(省略時はfalse)。

返り値

カスタム投稿タイプのパーマリンクを返す。投稿IDが無効の場合はfalseを返す。

注意

通常シングルページのパーマリンクはget_permalink関数で取得でき、この関数も内部で呼び出されている。固定ページのパーマリンクを取得するget_page_linkと同様のパラメータを持ち、使い方も似ている。

使用例

  • 現在のカスタム投稿タイプの投稿ページのパーマリングを取得する。
    <?php $url = get_post_permalink(); ?>
  • カスタム投稿タイプの投稿IDが101のパーマリングを取得する。
    <?php $url = get_post_permalink( 101 ); ?>

フィルター

[3.0.0]パーマリンクを返す直前に'post_type_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$linkにはパーマリンクが、その他のパラメータには本関数が受け取った値が格納されている。
return apply_filters( 'post_type_link', $post_link, $post, $leavename, $sample );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

最終更新日時 : 2014-06-12 09:16