get_post_status

(2.0.0以降)
get_post_status - 投稿情報のステータスを取得する

説明

mixed get_post_status( [ mixed $ID = '' ] )
投稿情報のステータスを取得する。なお対象の投稿情報が添付ファイル(タイプが'attachment')の場合は、その添付元の投稿情報のステータスを取得する。

パラメータ

  • $id
    投稿情報IDまたは投稿情報のオブジェクト(省略時は'')。

返り値

投稿情報のステータス'publish'、'private'などの文字列を返す。パラメータ$IDにより投稿情報が取得できない場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$IDが''の場合は現在の投稿情報(グローバル変数$post)のステータスを返す。

使用例

  • 現在の投稿情報のステータスを取得する。
    <?php $status = get_post_status( ); ?>
  • パラメータ$post_idで指定した投稿情報のステータスを取得する。
    <?php $status = get_post_status( $post_id ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

さくらのVPSでKUSANAGI(2017年5月15日 登録)

請け負っていた業務が一段落したので、「さくらのVPS」で「KUSANAGI」を試してみました。推奨環境はメモリ4GBとなっているが、今回は実験的な利用なので、SSD 2GBプランでトライしました。

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

最終更新日時 : 2014-10-08 09:03