get_post_status_object

(3.0.0以降)
get_post_status_object - 投稿ステータス情報を取得する

説明

object get_post_status_object( string $post_status )
投稿ステータス情報を取得する。

パラメータ

  • $post_status
    投稿ステータスを指定。

返り値

投稿ステータス情報(オブジェクト)を返す。

注意

標準(WordPress 4.0.0)の投稿ステータス情報は次の通り。
ステータス
プロパティ
'publish''future''draft''pending''private''trash''auto-draft''inherit'
label"公開済み""予約済み""下書き""保留中""非公開""ゴミ箱""auto-draft""inherit"
label_count
array( 0=>"Published <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Published <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Published <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'=>"Published <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"Scheduled <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Scheduled <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Scheduled <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'=>"Scheduled <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"Draft <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Drafts <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Draft <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'"Drafts <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"Pending <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Pending <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Pending <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'"Pending <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"Private <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Private <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Private <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'=>"Private <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"Trash <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Trash <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Trash <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'=>"Trash <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"auto-draft",
 1=>"auto-draft" )
array( 0=>"inherit",
 1=>"inherit" )
exclude_from_searchfalsefalsefalsefalsefalsetruetruefalse
_builtintruetruetruetruetruetruetruetrue
publictruefalsefalsefalsefalsefalsefalsefalse
internalfalsefalsefalsefalsefalsetruetruetrue
protectedfalsetruetruetruefalsefalsefalsefalse
privatefalsefalsefalsefalsetruefalsefalsefalse
publicly_queryabletruefalsefalsefalsefalsefalsefalsefalse
show_in_admin_status_listtruetruetruetruetruetruefalsefalse
show_in_admin_all_listtruetruetruetruetruefalsefalsefalse
name"publish""future""draft""pending""private""trash""auto-draft""inherit"

使用例

  • 投稿情報$postの投稿ステータス情報を取得する。
    <?php $status_obj = get_post_status_object( get_post_status( $post ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

最終更新日時 : 2014-10-09 09:32