get_post_status_object

(3.0.0以降)
get_post_status_object - 投稿ステータス情報を取得する

説明

object get_post_status_object( string $post_status )
投稿ステータス情報を取得する。

パラメータ

  • $post_status
    投稿ステータスを指定。

返り値

投稿ステータス情報(オブジェクト)を返す。

注意

標準(WordPress 4.0.0)の投稿ステータス情報は次の通り。
ステータス
プロパティ
'publish''future''draft''pending''private''trash''auto-draft''inherit'
label"公開済み""予約済み""下書き""保留中""非公開""ゴミ箱""auto-draft""inherit"
label_count
array( 0=>"Published <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Published <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Published <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'=>"Published <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"Scheduled <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Scheduled <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Scheduled <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'=>"Scheduled <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"Draft <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Drafts <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Draft <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'"Drafts <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"Pending <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Pending <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Pending <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'"Pending <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"Private <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Private <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Private <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'=>"Private <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"Trash <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Trash <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Trash <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'=>"Trash <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"auto-draft",
 1=>"auto-draft" )
array( 0=>"inherit",
 1=>"inherit" )
exclude_from_searchfalsefalsefalsefalsefalsetruetruefalse
_builtintruetruetruetruetruetruetruetrue
publictruefalsefalsefalsefalsefalsefalsefalse
internalfalsefalsefalsefalsefalsetruetruetrue
protectedfalsetruetruetruefalsefalsefalsefalse
privatefalsefalsefalsefalsetruefalsefalsefalse
publicly_queryabletruefalsefalsefalsefalsefalsefalsefalse
show_in_admin_status_listtruetruetruetruetruetruefalsefalse
show_in_admin_all_listtruetruetruetruetruefalsefalsefalse
name"publish""future""draft""pending""private""trash""auto-draft""inherit"

使用例

  • 投稿情報$postの投稿ステータス情報を取得する。
    <?php $status_obj = get_post_status_object( get_post_status( $post ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

最終更新日時 : 2014-10-09 09:32