get_post_status_object

(3.0.0以降)
get_post_status_object - 投稿ステータス情報を取得する

説明

object get_post_status_object( string $post_status )
投稿ステータス情報を取得する。

パラメータ

  • $post_status
    投稿ステータスを指定。

返り値

投稿ステータス情報(オブジェクト)を返す。

注意

標準(WordPress 4.0.0)の投稿ステータス情報は次の通り。
ステータス
プロパティ
'publish''future''draft''pending''private''trash''auto-draft''inherit'
label"公開済み""予約済み""下書き""保留中""非公開""ゴミ箱""auto-draft""inherit"
label_count
array( 0=>"Published <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Published <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Published <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'=>"Published <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"Scheduled <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Scheduled <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Scheduled <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'=>"Scheduled <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"Draft <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Drafts <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Draft <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'"Drafts <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"Pending <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Pending <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Pending <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'"Pending <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"Private <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Private <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Private <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'=>"Private <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"Trash <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Trash <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Trash <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'=>"Trash <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"auto-draft",
 1=>"auto-draft" )
array( 0=>"inherit",
 1=>"inherit" )
exclude_from_searchfalsefalsefalsefalsefalsetruetruefalse
_builtintruetruetruetruetruetruetruetrue
publictruefalsefalsefalsefalsefalsefalsefalse
internalfalsefalsefalsefalsefalsetruetruetrue
protectedfalsetruetruetruefalsefalsefalsefalse
privatefalsefalsefalsefalsetruefalsefalsefalse
publicly_queryabletruefalsefalsefalsefalsefalsefalsefalse
show_in_admin_status_listtruetruetruetruetruetruefalsefalse
show_in_admin_all_listtruetruetruetruetruefalsefalsefalse
name"publish""future""draft""pending""private""trash""auto-draft""inherit"

使用例

  • 投稿情報$postの投稿ステータス情報を取得する。
    <?php $status_obj = get_post_status_object( get_post_status( $post ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.7.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

最終更新日時 : 2014-10-09 09:32