get_post_status_object

(3.0.0以降)
get_post_status_object - 投稿ステータス情報を取得する

説明

object get_post_status_object( string $post_status )
投稿ステータス情報を取得する。

パラメータ

  • $post_status
    投稿ステータスを指定。

返り値

投稿ステータス情報(オブジェクト)を返す。

注意

標準(WordPress 4.0.0)の投稿ステータス情報は次の通り。
ステータス
プロパティ
'publish''future''draft''pending''private''trash''auto-draft''inherit'
label"公開済み""予約済み""下書き""保留中""非公開""ゴミ箱""auto-draft""inherit"
label_count
array( 0=>"Published <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Published <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Published <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'=>"Published <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"Scheduled <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Scheduled <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Scheduled <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'=>"Scheduled <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"Draft <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Drafts <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Draft <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'"Drafts <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"Pending <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Pending <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Pending <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'"Pending <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"Private <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Private <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Private <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'=>"Private <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"Trash <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Trash <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Trash <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'=>"Trash <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"auto-draft",
 1=>"auto-draft" )
array( 0=>"inherit",
 1=>"inherit" )
exclude_from_searchfalsefalsefalsefalsefalsetruetruefalse
_builtintruetruetruetruetruetruetruetrue
publictruefalsefalsefalsefalsefalsefalsefalse
internalfalsefalsefalsefalsefalsetruetruetrue
protectedfalsetruetruetruefalsefalsefalsefalse
privatefalsefalsefalsefalsetruefalsefalsefalse
publicly_queryabletruefalsefalsefalsefalsefalsefalsefalse
show_in_admin_status_listtruetruetruetruetruetruefalsefalse
show_in_admin_all_listtruetruetruetruetruefalsefalsefalse
name"publish""future""draft""pending""private""trash""auto-draft""inherit"

使用例

  • 投稿情報$postの投稿ステータス情報を取得する。
    <?php $status_obj = get_post_status_object( get_post_status( $post ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

JavaScriptテンプレートを使ってみた(2017年6月6日 登録)

前回の記事」で取り上げた「WordPress Events and News」ウィジェットでは入力された地名のAJAX処理してその地名近隣のイベント情報を表示している。特に表示部分では「JavaScriptテンプレート」が採用されており、今更ながら調べてみた。

最終更新日時 : 2014-10-09 09:32