get_post_status_object

(3.0.0以降)
get_post_status_object - 投稿ステータス情報を取得する

説明

object get_post_status_object( string $post_status )
投稿ステータス情報を取得する。

パラメータ

  • $post_status
    投稿ステータスを指定。

返り値

投稿ステータス情報(オブジェクト)を返す。

注意

標準(WordPress 4.0.0)の投稿ステータス情報は次の通り。
ステータス
プロパティ
'publish''future''draft''pending''private''trash''auto-draft''inherit'
label"公開済み""予約済み""下書き""保留中""非公開""ゴミ箱""auto-draft""inherit"
label_count
array( 0=>"Published <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Published <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Published <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'=>"Published <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"Scheduled <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Scheduled <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Scheduled <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'=>"Scheduled <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"Draft <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Drafts <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Draft <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'"Drafts <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"Pending <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Pending <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Pending <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'"Pending <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"Private <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Private <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Private <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'=>"Private <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"Trash <span class="count">(%s)</span>",
 1=>"Trash <span class="count">(%s)</span>",
 'singular'=>"Trash <span class="count">(%s)</span>",
 'plural'=>"Trash <span class="count">(%s)</span>",
 'context'=>null,
 'domain'=>null )
array( 0=>"auto-draft",
 1=>"auto-draft" )
array( 0=>"inherit",
 1=>"inherit" )
exclude_from_searchfalsefalsefalsefalsefalsetruetruefalse
_builtintruetruetruetruetruetruetruetrue
publictruefalsefalsefalsefalsefalsefalsefalse
internalfalsefalsefalsefalsefalsetruetruetrue
protectedfalsetruetruetruefalsefalsefalsefalse
privatefalsefalsefalsefalsetruefalsefalsefalse
publicly_queryabletruefalsefalsefalsefalsefalsefalsefalse
show_in_admin_status_listtruetruetruetruetruetruefalsefalse
show_in_admin_all_listtruetruetruetruetruefalsefalsefalse
name"publish""future""draft""pending""private""trash""auto-draft""inherit"

使用例

  • 投稿情報$postの投稿ステータス情報を取得する。
    <?php $status_obj = get_post_status_object( get_post_status( $post ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

Login rebuilder 2.3.0の新機能を紹介(2017年8月31日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」はログイン時の履歴(ログ)や不正なログインページへのアクセス履歴を保存している。これらの履歴情報はダッシュボートで確認できるが、バージョン2.3.0においてそれぞれがダウンロードできるようになった。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加。最新の2.2.0では管理者のログイン時にメールで通知する機能を追加しました。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

最終更新日時 : 2014-10-09 09:32