get_post_time

(2.0.0以降)
get_post_time - 投稿時刻を取得する

説明

mixed get_post_time( [ string $d = 'U' [ , bool $gmt = false [ , mixed $post = null [ , bool $translate = false ] ] ] ] )
パラメータ$dで指定されたフォーマットに従って投稿データの投稿時刻を取得する。

パラメータ

  • $d
    日時フォーマット(単独の'U'または'G'、PHP date関数の書式)を指定(省略時は'U')。
  • $gmt
    GMT(グリニッジ標準時)の場合はtrueを、地域時刻(JSTなど)の場合はfalseを指定(省略時はfalse)。
  • $post
    投稿IDまたは投稿データを指定(省略時は現在の投稿データが適用される)。
  • $translate
    地域別の日時書式に変換する場合はtrue、変換しない場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

パラメータ$dが'U'および'G'の場合は1970年1月1日 0時00分00秒からの秒数を、date関数の書式を指定した場合は文字列を返す。

注意

パラメータ$dにおいて、'G'を単独で指定した場合と、'G'を含む文字列を指定して場合とではフォーマットの解釈が異なる。 PHP date関数の主な書式は次の通り。
キーワード意味
Y年(4桁)
y年(2桁)
m月(01~12)
n月(1~12)
d日(01~31)
j日(1~31)
A午前または午後(AM/PM)
a午前または午後(am/pm)
H24時間制の時(00~23)
h12時間制の時(01~12)
G24時間制の時(0~23)
g12時間制の時(1~12)
i分(00~59)
s秒(00~59)

使用例

  • 現在の投稿データの投稿時刻を取得する。
    <?php $post_time = get_post_time(); ?>

関連

お勧めコンテンツ

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40