get_post_time

(2.0.0以降)
get_post_time - 投稿時刻を取得する

説明

mixed get_post_time( [ string $d = 'U' [ , bool $gmt = false [ , mixed $post = null [ , bool $translate = false ] ] ] ] )
パラメータ$dで指定されたフォーマットに従って投稿データの投稿時刻を取得する。

パラメータ

  • $d
    日時フォーマット(単独の'U'または'G'、PHP date関数の書式)を指定(省略時は'U')。
  • $gmt
    GMT(グリニッジ標準時)の場合はtrueを、地域時刻(JSTなど)の場合はfalseを指定(省略時はfalse)。
  • $post
    投稿IDまたは投稿データを指定(省略時は現在の投稿データが適用される)。
  • $translate
    地域別の日時書式に変換する場合はtrue、変換しない場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

パラメータ$dが'U'および'G'の場合は1970年1月1日 0時00分00秒からの秒数を、date関数の書式を指定した場合は文字列を返す。

注意

パラメータ$dにおいて、'G'を単独で指定した場合と、'G'を含む文字列を指定して場合とではフォーマットの解釈が異なる。 PHP date関数の主な書式は次の通り。
キーワード意味
Y年(4桁)
y年(2桁)
m月(01~12)
n月(1~12)
d日(01~31)
j日(1~31)
A午前または午後(AM/PM)
a午前または午後(am/pm)
H24時間制の時(00~23)
h12時間制の時(01~12)
G24時間制の時(0~23)
g12時間制の時(1~12)
i分(00~59)
s秒(00~59)

使用例

  • 現在の投稿データの投稿時刻を取得する。
    <?php $post_time = get_post_time(); ?>

関連

お勧めコンテンツ

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40