get_post_type_archive_link

(3.1.0以降)
get_post_type_archive_link - 投稿タイプアーカイブページのURLを取得する

説明

string get_post_type_archive_link( string $post_type )
投稿タイプアーカイブページのURLを取得する。

パラメータ

  • $post_type
    投稿タイプ名を指定。

返り値

投稿タイプアーカイブページのURLを返す。投稿タイプが無効か、アーカイブ属性(has_archive)を持っていない場合はfalseを返す。

注意

投稿タイプアーカイブページのURLパターンは、その投稿タイプの登録内容によって変わる。

使用例

  • 投稿タイプ'food'のアーカイブページのURLを取得する。
    <?php $url = get_post_type_archive_link( 'food' ); ?>

フィルター

[3.1.0]URLを返す直前に'post_type_archive_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$linkにはアーカイブページのURLが、$post_typeは本関数が受け取った値が格納されている。
return apply_filters( 'post_type_archive_link', $link, $post_type );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

最終更新日時 : 2014-06-11 09:23