get_post_type_archive_link

(3.1.0以降)
get_post_type_archive_link - 投稿タイプアーカイブページのURLを取得する

説明

string get_post_type_archive_link( string $post_type )
投稿タイプアーカイブページのURLを取得する。

パラメータ

  • $post_type
    投稿タイプ名を指定。

返り値

投稿タイプアーカイブページのURLを返す。投稿タイプが無効か、アーカイブ属性(has_archive)を持っていない場合はfalseを返す。

注意

投稿タイプアーカイブページのURLパターンは、その投稿タイプの登録内容によって変わる。

使用例

  • 投稿タイプ'food'のアーカイブページのURLを取得する。
    <?php $url = get_post_type_archive_link( 'food' ); ?>

フィルター

[3.1.0]URLを返す直前に'post_type_archive_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$linkにはアーカイブページのURLが、$post_typeは本関数が受け取った値が格納されている。
return apply_filters( 'post_type_archive_link', $link, $post_type );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加、1.3.0では投稿タイトルのみの検索をサポートしました。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

最終更新日時 : 2014-06-11 09:23