get_post_type_archive_link

(3.1.0以降)
get_post_type_archive_link - 投稿タイプアーカイブページのURLを取得する

説明

string get_post_type_archive_link( string $post_type )
投稿タイプアーカイブページのURLを取得する。

パラメータ

  • $post_type
    投稿タイプ名を指定。

返り値

投稿タイプアーカイブページのURLを返す。投稿タイプが無効か、アーカイブ属性(has_archive)を持っていない場合はfalseを返す。

注意

投稿タイプアーカイブページのURLパターンは、その投稿タイプの登録内容によって変わる。

使用例

  • 投稿タイプ'food'のアーカイブページのURLを取得する。
    <?php $url = get_post_type_archive_link( 'food' ); ?>

フィルター

[3.1.0]URLを返す直前に'post_type_archive_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$linkにはアーカイブページのURLが、$post_typeは本関数が受け取った値が格納されている。
return apply_filters( 'post_type_archive_link', $link, $post_type );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

最終更新日時 : 2014-06-11 09:23