get_post_type_archive_template

(3.7.0以降)
get_post_type_archive_template - 投稿タイプアーカイブのテンプレートを取得する

説明

string get_post_type_archive_template()
投稿タイプアーカイブのテンプレートを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

クエリーのpost_typeに応じたテンプレートファイルのパス名を返す。

注意

is_post_type_archive関数の戻り値がtrue(リクエストが投稿タイプアーカイブ)の場合、テンプレートローダー(template-loader.php)から呼び出される。
テンプレートの適用順が3.7.0で変更になっているので注意が必要かも。
3.6.1以前3.7.0
404404
searchsearch
taxfront page
front pagehome
homepost type archive NEW
 tax
attachmentattachment
singlesingle
pagepage
categorycategory
tagtag
authorauthor
datedate
archivearchive
comments popupcomments popup
pagedpaged
indexindex

使用例

  • 投稿タイプアーカイブのテンプレートを取得する。
    <?php $template = get_post_type_archive_template(); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/template.php

関連

お勧めコンテンツ

Login rebuilder 2.3.0の新機能を紹介(2017年8月31日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」はログイン時の履歴(ログ)や不正なログインページへのアクセス履歴を保存している。これらの履歴情報はダッシュボートで確認できるが、バージョン2.3.0においてそれぞれがダウンロードできるようになった。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

最終更新日時 : 2013-10-29 18:30