get_post_type_archive_template

(3.7.0以降)
get_post_type_archive_template - 投稿タイプアーカイブのテンプレートを取得する

説明

string get_post_type_archive_template()
投稿タイプアーカイブのテンプレートを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

クエリーのpost_typeに応じたテンプレートファイルのパス名を返す。

注意

is_post_type_archive関数の戻り値がtrue(リクエストが投稿タイプアーカイブ)の場合、テンプレートローダー(template-loader.php)から呼び出される。
テンプレートの適用順が3.7.0で変更になっているので注意が必要かも。
3.6.1以前3.7.0
404404
searchsearch
taxfront page
front pagehome
homepost type archive NEW
 tax
attachmentattachment
singlesingle
pagepage
categorycategory
tagtag
authorauthor
datedate
archivearchive
comments popupcomments popup
pagedpaged
indexindex

使用例

  • 投稿タイプアーカイブのテンプレートを取得する。
    <?php $template = get_post_type_archive_template(); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/template.php

関連

お勧めコンテンツ

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加しました。

最終更新日時 : 2013-10-29 18:30