get_post_types

(2.9.0以降)
get_post_types - 投稿タイプ情報を列挙する

説明

array get_post_types( [ array $args = array() [ , string $output = 'names' [ , string $operator = 'and' ] ] ] )
投稿タイプ情報を列挙する。

パラメータ

  • $args
    絞り込み条件を文字列または連想配列で指定。
  • $output
    出力形式として'names'または'objects'を指定(省略時は'names')。
  • $operator
    操作方法として'and'、'or'、'not'を指定(省略時は'and')。

返り値

投稿タイプ情報の連想配列を返す。キーは投稿タイプ名、値の内容はパラメータ$outputが'names'の場合は投稿タイプ名、'objects'の場合は投稿タイプ情報のオブジェクト(get_post_type_object関数と同じ)となる。

注意

パラメータ$outputは'names'以外が指定された場合は'objects'となる。

パラメータ$operator$argsが指定された場合のみ機能する。詳しくはwp_list_filter関数を参照。

使用例

  • 投稿タイプ名を列挙する。
    <?php $post_types = get_post_types(); ?>
  • 公開している投稿タイプ情報を列挙する。
    <?php $post_types = get_post_types( array( 'public'=>true ), '' ); ?>
  • revision以外の投稿タイプ名を列挙する。
    <?php $post_types = get_post_types( array( 'name'=>'revision' ), 'names', 'not' ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

最終更新日時 : 2017-03-06 10:05