get_post_types

(2.9.0以降)
get_post_types - 投稿タイプ情報を列挙する

説明

array get_post_types( [ array $args = array() [ , string $output = 'names' [ , string $operator = 'and' ] ] ] )
投稿タイプ情報を列挙する。

パラメータ

  • $args
    絞り込み条件を文字列または連想配列で指定。
  • $output
    出力形式として'names'または'objects'を指定(省略時は'names')。
  • $operator
    操作方法として'and'、'or'、'not'を指定(省略時は'and')。

返り値

投稿タイプ情報の連想配列を返す。キーは投稿タイプ名、値の内容はパラメータ$outputが'names'の場合は投稿タイプ名、'objects'の場合は投稿タイプ情報のオブジェクト(get_post_type_object関数と同じ)となる。

注意

パラメータ$outputは'names'以外が指定された場合は'objects'となる。

パラメータ$operator$argsが指定された場合のみ機能する。詳しくはwp_list_filter関数を参照。

使用例

  • 投稿タイプ名を列挙する。
    <?php $post_types = get_post_types(); ?>
  • 公開している投稿タイプ情報を列挙する。
    <?php $post_types = get_post_types( array( 'public'=>true ), '' ); ?>
  • revision以外の投稿タイプ名を列挙する。
    <?php $post_types = get_post_types( array( 'name'=>'revision' ), 'names', 'not' ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

最終更新日時 : 2017-03-06 10:05