get_post_types_by_support

(4.5.0以降)
get_post_types_by_support - 特徴の条件にマッチする投稿タイプ名を取得をする

説明

array get_post_types_by_support( mixed $feature [ , string $operator = 'and' ] )
特徴(≒編集要素)の条件にマッチする投稿タイプ名を取得をする。

パラメータ

  • $feature
    特徴('title'、'editor'、'author'、'thumbnail'、'excerpt'、'trackbacks'、'custom-fields'、'comments'、'revisions'、'post-formats'など)か、それらを含んだ配列を指定。
  • $operator
    条件('and'、'or'、'not')を指定(省略時は'and')。

返り値

特徴の条件にマッチする投稿タイプ名が格納された配列を返す。条件にマッチするものがない場合は空の配列を返す。

注意

パラメータ$operatorに'not'が指定された場合、その特徴を持っていないものがマッチする。

使用例

  • 'editor'を有している投稿タイプを取得する。
    <?php $post_types = get_post_types_by_support( 'editor' ); ?>
  • 'editor'と'custom-fields'を有している投稿タイプを取得する。
    <?php $post_types = get_post_types_by_support( array( 'editor', 'custom-fields' ) ); ?>
  • 'excerpt'または'page-attributes'を有している投稿タイプを取得する。
    <?php $post_types = get_post_types_by_support( array( 'excerpt', 'page-attributes' ), 'or' ); ?>
  • 'thumbnail'を有していない投稿タイプを取得する。
    <?php $post_types = get_post_types_by_support( 'thumbnail', 'not' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

最終更新日時 : 2016-05-25 07:01