get_post_types_by_support

(4.5.0以降)
get_post_types_by_support - 特徴の条件にマッチする投稿タイプ名を取得をする

説明

array get_post_types_by_support( mixed $feature [ , string $operator = 'and' ] )
特徴(≒編集要素)の条件にマッチする投稿タイプ名を取得をする。

パラメータ

  • $feature
    特徴('title'、'editor'、'author'、'thumbnail'、'excerpt'、'trackbacks'、'custom-fields'、'comments'、'revisions'、'post-formats'など)か、それらを含んだ配列を指定。
  • $operator
    条件('and'、'or'、'not')を指定(省略時は'and')。

返り値

特徴の条件にマッチする投稿タイプ名が格納された配列を返す。条件にマッチするものがない場合は空の配列を返す。

注意

パラメータ$operatorに'not'が指定された場合、その特徴を持っていないものがマッチする。

使用例

  • 'editor'を有している投稿タイプを取得する。
    <?php $post_types = get_post_types_by_support( 'editor' ); ?>
  • 'editor'と'custom-fields'を有している投稿タイプを取得する。
    <?php $post_types = get_post_types_by_support( array( 'editor', 'custom-fields' ) ); ?>
  • 'excerpt'または'page-attributes'を有している投稿タイプを取得する。
    <?php $post_types = get_post_types_by_support( array( 'excerpt', 'page-attributes' ), 'or' ); ?>
  • 'thumbnail'を有していない投稿タイプを取得する。
    <?php $post_types = get_post_types_by_support( 'thumbnail', 'not' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

最終更新日時 : 2016-05-25 07:01