get_post_types_by_support

(4.5.0以降)
get_post_types_by_support - 特徴の条件にマッチする投稿タイプ名を取得をする

説明

array get_post_types_by_support( mixed $feature [ , string $operator = 'and' ] )
特徴(≒編集要素)の条件にマッチする投稿タイプ名を取得をする。

パラメータ

  • $feature
    特徴('title'、'editor'、'author'、'thumbnail'、'excerpt'、'trackbacks'、'custom-fields'、'comments'、'revisions'、'post-formats'など)か、それらを含んだ配列を指定。
  • $operator
    条件('and'、'or'、'not')を指定(省略時は'and')。

返り値

特徴の条件にマッチする投稿タイプ名が格納された配列を返す。条件にマッチするものがない場合は空の配列を返す。

注意

パラメータ$operatorに'not'が指定された場合、その特徴を持っていないものがマッチする。

使用例

  • 'editor'を有している投稿タイプを取得する。
    <?php $post_types = get_post_types_by_support( 'editor' ); ?>
  • 'editor'と'custom-fields'を有している投稿タイプを取得する。
    <?php $post_types = get_post_types_by_support( array( 'editor', 'custom-fields' ) ); ?>
  • 'excerpt'または'page-attributes'を有している投稿タイプを取得する。
    <?php $post_types = get_post_types_by_support( array( 'excerpt', 'page-attributes' ), 'or' ); ?>
  • 'thumbnail'を有していない投稿タイプを取得する。
    <?php $post_types = get_post_types_by_support( 'thumbnail', 'not' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2014年1月17日 登録)

ちょうど1月前の「ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する」にて、WordPress 3.8新ダッシュボードの「概要」ウィジェットにカスタム投稿タイプの投稿数を表示する方法を紹介したが、今回のその続編で「アクティビティ」ウィジェットを拡張する方法を紹介する。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

最終更新日時 : 2016-05-25 07:01