get_posts

(1.2.0以降)
get_posts - 条件にマッチする投稿情報を取得する

説明

array get_posts( [ mixed $args = null ] )
条件を指定して検索し、マッチしたすべてのデータを取得する。

パラメータ

  • $args
    検索条件を指定する連想配列。主なキーワードは次の通り。
    キーワード意味
    numberposts取得件数(省略時は5)
    offset取得開始位置(省略時は0:先頭)
    category何れかのカテゴリーに属する投稿情報はカテゴリーIDを、何れのカテゴリーにも属さない投稿情報は-を付けたカテゴリーIDを指定(複数指定する場合は,で区切る)
    orderbyソート対象を示すauthor、date、category、title、modified、ID、menu_order、randなど(省略時は'post_date':投稿日時)
    orderソート順を示すASCかDESC(省略時はDESC)
    include取得したい投稿情報ID(複数指定する場合は,で区切る)
    exclude取得したくない投稿情報ID(複数指定する場合は,で区切る)
    meta_keyカスタムフィールドの名前
    meta_valueカスタムフィールドの値
    post_type'post'、'page'、'attachment'、'any'などの投稿情報タイプ(省略時は'post':投稿ページ)
    suppress_filters最終的な検索条件に対してフィルター処理を行わない場合はtrue、フィルター処理を行う場合はfalseを指定(省略時はtrue)
    post_status投稿ステータスを示す'auto-draft'、'draft'、'inherit'、'private'、'publish'、'any'など(省略時は、post_typeが'attachment'ならば'inherit'、以外は'publish')
    post_parent親の投稿ID(省略時は0)

返り値

マッチしたすべてのデータが格納された配列を返す。

注意

同じように条件を指定できる関数にはquery_posts関数がある。query_posts関数との違いは、get_posts関数は単に情報を取得するだけでグローバル変数には影響を与えないが、query_posts関数はグローバル変数の$wp_queryを使用し、$postなどの関連する情報も更新される。また、指定できる条件はget_posts関数の方が少ない。公開されているパラメータはquery_posts関数よりも少ないが、内部的には同じである。
パラメータnumberpostsに-1を指定した場合は条件にマッチした全件を取得できる。
パラメータpost_parentは、添付ファイルなどの子投稿情報を取得する場合に使用できる。
パラメータpost_typeに'attachment'と他のタイプを同時に指定しpost_statusを省略した場合は、post_statusは'publish'になるため、投稿記事の子になっているメディア情報は取得できないので要注意。
なお、パラメータは内部的に次のように変換される。
パラメータ名変換後のパラメータ名
numberpostsposts_per_page
categorycat
includepost__in
excludepost__not_in

使用例

  • 10件の投稿情報を取得する。
    <?php $found_posts = get_posts( 'numberposts=10' ); ?>
  • 投稿IDが102と125の投稿情報を取得する。
    <?php $found_posts = get_posts( array( 'include'=>array( 102, 125 ) ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

日本語が含まれていないコメントを無効化する(2012年1月31日 登録)

日本のユーザーを対象にサービス(情報)展開しているサイトの場合、英文のみのコメントはあまりうれしくない。ましてやスパムコメントの対応は時間の無駄でしかない。そんなわけで、日本語を含んでいないコメントを無効化することにした。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2014年1月17日 登録)

ちょうど1月前の「ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する」にて、WordPress 3.8新ダッシュボードの「概要」ウィジェットにカスタム投稿タイプの投稿数を表示する方法を紹介したが、今回のその続編で「アクティビティ」ウィジェットを拡張する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2014-06-01 23:22