get_posts

(1.2.0以降)
get_posts - 条件にマッチする投稿情報を取得する

説明

array get_posts( [ mixed $args = null ] )
条件を指定して検索し、マッチしたすべてのデータを取得する。

パラメータ

  • $args
    検索条件を指定する連想配列。主なキーワードは次の通り。
    キーワード意味
    numberposts取得件数(省略時は5)
    offset取得開始位置(省略時は0:先頭)
    category何れかのカテゴリーに属する投稿情報はカテゴリーIDを、何れのカテゴリーにも属さない投稿情報は-を付けたカテゴリーIDを指定(複数指定する場合は,で区切る)
    orderbyソート対象を示すauthor、date、category、title、modified、ID、menu_order、randなど(省略時は'post_date':投稿日時)
    orderソート順を示すASCかDESC(省略時はDESC)
    include取得したい投稿情報ID(複数指定する場合は,で区切る)
    exclude取得したくない投稿情報ID(複数指定する場合は,で区切る)
    meta_keyカスタムフィールドの名前
    meta_valueカスタムフィールドの値
    post_type'post'、'page'、'attachment'、'any'などの投稿情報タイプ(省略時は'post':投稿ページ)
    suppress_filters最終的な検索条件に対してフィルター処理を行わない場合はtrue、フィルター処理を行う場合はfalseを指定(省略時はtrue)
    post_status投稿ステータスを示す'auto-draft'、'draft'、'inherit'、'private'、'publish'、'any'など(省略時は、post_typeが'attachment'ならば'inherit'、以外は'publish')
    post_parent親の投稿ID(省略時は0)

返り値

マッチしたすべてのデータが格納された配列を返す。

注意

同じように条件を指定できる関数にはquery_posts関数がある。query_posts関数との違いは、get_posts関数は単に情報を取得するだけでグローバル変数には影響を与えないが、query_posts関数はグローバル変数の$wp_queryを使用し、$postなどの関連する情報も更新される。また、指定できる条件はget_posts関数の方が少ない。公開されているパラメータはquery_posts関数よりも少ないが、内部的には同じである。
パラメータnumberpostsに-1を指定した場合は条件にマッチした全件を取得できる。
パラメータpost_parentは、添付ファイルなどの子投稿情報を取得する場合に使用できる。
パラメータpost_typeに'attachment'と他のタイプを同時に指定しpost_statusを省略した場合は、post_statusは'publish'になるため、投稿記事の子になっているメディア情報は取得できないので要注意。
なお、パラメータは内部的に次のように変換される。
パラメータ名変換後のパラメータ名
numberpostsposts_per_page
categorycat
includepost__in
excludepost__not_in

使用例

  • 10件の投稿情報を取得する。
    <?php $found_posts = get_posts( 'numberposts=10' ); ?>
  • 投稿IDが102と125の投稿情報を取得する。
    <?php $found_posts = get_posts( array( 'include'=>array( 102, 125 ) ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2014-06-01 23:22