get_posts

説明

array get_posts( [ mixed $args = null ] )
条件を指定して検索し、マッチしたすべてのデータを取得する。

パラメータ

  • $args
    検索条件を指定する連想配列。主なキーワードは次の通り。
    キーワード意味
    numberposts取得件数(省略時は5)
    offset取得開始位置(省略時は0:先頭)
    category何れかのカテゴリーに属する投稿情報はカテゴリーIDを、何れのカテゴリーにも属さない投稿情報は-を付けたカテゴリーIDを指定(複数指定する場合は,で区切る)
    orderbyソート対象を示すauthor、date、category、title、modified、ID、menu_order、randなど(省略時は'post_date':投稿日時)
    orderソート順を示すASCかDESC(省略時はDESC)
    include取得したい投稿情報ID(複数指定する場合は,で区切る)
    exclude取得したくない投稿情報ID(複数指定する場合は,で区切る)
    meta_keyカスタムフィールドの名前
    meta_valueカスタムフィールドの値
    post_type'post'、'page'、'attachment'、'any'などの投稿情報タイプ(省略時は'post':投稿ページ)
    suppress_filters最終的な検索条件に対してフィルター処理を行わない場合はtrue、フィルター処理を行う場合はfalseを指定(省略時はtrue)
    post_status投稿ステータスを示す'auto-draft'、'draft'、'inherit'、'private'、'publish'、'any'など(省略時は、post_typeが'attachment'ならば'inherit'、以外は'publish')
    post_parent親の投稿ID(省略時は0)

返り値

マッチしたすべてのデータが格納された配列を返す。

注意

同じように条件を指定できる関数にはquery_posts関数がある。query_posts関数との違いは、get_posts関数は単に情報を取得するだけでグローバル変数には影響を与えないが、query_posts関数はグローバル変数の$wp_queryを使用し、$postなどの関連する情報も更新される。また、指定できる条件はget_posts関数の方が少ない。公開されているパラメータはquery_posts関数よりも少ないが、内部的には同じである。
パラメータnumberpostsに-1を指定した場合は条件にマッチした全件を取得できる。
パラメータpost_parentは、添付ファイルなどの子投稿情報を取得する場合に使用できる。
パラメータpost_typeに'attachment'と他のタイプを同時に指定しpost_statusを省略した場合は、post_statusは'publish'になるため、投稿記事の子になっているメディア情報は取得できないので要注意。
なお、パラメータは内部的に次のように変換される。
パラメータ名変換後のパラメータ名
numberpostsposts_per_page
categorycat
includepost__in
excludepost__not_in

使用例

  • 10件の投稿情報を取得する。
    <?php $found_posts = get_posts( 'numberposts=10' ); ?>
  • 投稿IDが102と125の投稿情報を取得する。
    <?php $found_posts = get_posts( array( 'include'=>array( 102, 125 ) ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

最終更新 : 2018年05月27日 10:50



お勧め

5.3の新機能:サイト管理者のメールアドレスを定期的に確認する(2019年9月27日 更新)

WordPress 5.3 Beta 1」に記載されていた「Admin Email Verification」の項目が目に留まる。管理者のメールアドレスを定期的に確認するという仕組みがどんなものなのか気になったので、ちょっと調べてみた。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 更新)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値は get_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 更新)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月14日 更新)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2018年5月27日 更新)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。