get_previous_comments_link

(2.7.1以降)
get_previous_comments_link - 前のコメントリンクを取得する

説明

string get_get_previous_comments_link( [ string $label = '' ] )
前のコメントリンクを取得する。

パラメータ

  • $label
    リンクテキストで指定(省略時は'')。

返り値

前のコメントリンクを返す。リクエストが投稿ページまたは固定ページ以外か、前のコメントページがない場合は何も返さない。

注意

パラメータ$labelが空の場合は '« Older Comments' の翻訳テキストが適用される。

使用例

  • 前のコメントページリンクを取得する。
    <?php $prev_link = get_get_previous_comments_link(); ?>
  • ラベルを指定して前のコメントページリンクを取得する。
    <?php $prev_link = get_get_previous_comments_link( '前' ); ?>

フィルター

[2.7.0]前のコメントリンクを作成時に'previous_comments_link_attributes'フィルターを呼び出す。パラメータ$attrは標準では''が格納される。このフィルターの返り値はaタグの属性値となる。
apply_filters( 'next_comments_link_attributes', $attr );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2017年5月16日 登録)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

WP_List_Tableクラスを使ってみた(2017年8月23日 登録)

WordPressの管理画面ではデータを一覧表示しているページがいくつもある。今回この仕組みを自分のプラグインでも使ってみたいと思い、調査しながらプラグインに組み込んでみた。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

最終更新日時 : 2015-12-16 14:33