get_previous_post_link

(3.7.0以降)
get_previous_post_link - 直前の投稿ページのリンクを取得する

説明

string get_previous_post_link( [ string $format = '« %link' [ , string $link = '%title' [ , bool $in_same_cat$in_same_term = false [ , mixed $excluded_categories$excluded_terms = '' [ , string $taxonomy = 'category' ] ] ] ] ] )
直前の投稿ページのリンクを取得する。

パラメータ

  • $format
    フォーマットを指定(省略時は'« %link')。
  • $link
    リンクタイトルを指定(省略時は'%title')。
  • $in_same_cat$in_same_term
    同じターム([3.8.0]より前のバージョンはカテゴリー、[3.8.0]以降のバージョンは$taxonomyで指定されたタクソノミー)内の投稿ページに限定する場合はtrue、限定しない場合はfalseを指定。省略時はfalseが適用される。
  • $excluded_categories$excluded_terms
    除外するターム([3.8.0]より前のバージョンはカテゴリー、[3.8.0]以降のバージョンは$taxonomyで指定されたタクソノミー)を指定する場合は、そのタームIDを文字列または配列で指定。
  • $taxonomy
    [3.8.0]$in_same_termがtrueの場合に同一判定するタクソノミー名を指定(省略時は'category')。

返り値

直前の投稿ページのリンク(aタグ)を返す。

注意

previous_post_link関数で出力されるリンクを取得する。
・パラメータ$formatは、'%link'を含まなければならない。
・パラメータ$linkは、投稿タイトルの'%title'、投稿日の'%date'を含めることができる。

使用例

  • 直前の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_previous_post_link(); ?>
  • 直前の投稿ページのリンクをフォーマットを指定して取得する。
    <?php $url = get_previous_post_link( '[%link]' ); ?>
  • 直前の投稿ページのリンクをリンクタイトルを指定して取得する。
    <?php $url = get_previous_post_link( '[%link]', '前の記事へ' ); ?>
  • 同カテゴリー直前の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_previous_post_link( '[%link]', '前の記事へ', true ); ?>
  • カテゴリーIDが1のカテゴリーを除外して直前の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_previous_post_link( '[%link]', '前の記事へ', false, '1' ); ?>
  • 同タグが付いた直前の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_previous_post_link( '[%link]', '前の記事へ', true, '', 'post_tag' ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

日本語が含まれていないコメントを無効化する(2012年1月31日 登録)

日本のユーザーを対象にサービス(情報)展開しているサイトの場合、英文のみのコメントはあまりうれしくない。ましてやスパムコメントの対応は時間の無駄でしかない。そんなわけで、日本語を含んでいないコメントを無効化することにした。

最終更新日時 : 2015-05-28 14:02