get_pung

(1.5.0以降)
get_pung - 投稿記事のping済みURLを取得する

説明

array get_pung( int $post_id )
投稿記事のping済みURLを取得する。

パラメータ

  • $post_id
    投稿IDを指定。

返り値

投稿記事のping済みURLの配列を返す。

注意

本関数の呼び出し時に必ず投稿記事テーブル(wp_posts)にアクセスし、ping済みURLが格納されているpingedカラムの値を取得している(値はキャッシュされない)。

使用例

  • 投稿IDが10の投稿記事のping済みURLを取得する。
    <?php $urls = get_pung( 10 ); ?>

フィルター

ping済みURLの配列を返す直前にget_pungフィルターを呼び出す。$pungにはping済みURLの配列が格納される。
return apply_filters('get_pung', $pung);

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

常時SSL接続に変更しました(2017年3月3日 登録)

先週末、本サイトを常時SSL接続に変更しました。本サイトは「さくらのVPS」(CentOS 6系、Apache 2.2系)上にWordPressのマルチサイト機能を使って構築しており、無償で使用できる「Let's Encrypt」を使って常時SSL接続に切り替えた手順をメモとして残しそうと思います。

日本語が含まれていないコメントを無効化する(2012年1月31日 登録)

日本のユーザーを対象にサービス(情報)展開しているサイトの場合、英文のみのコメントはあまりうれしくない。ましてやスパムコメントの対応は時間の無駄でしかない。そんなわけで、日本語を含んでいないコメントを無効化することにした。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40