get_queried_object

(3.1.0以降)
get_queried_object - ページリクエストにマッチした情報を取得する

説明

mixed get_queried_object()
ページリクエストにマッチした情報(オブジェクト)を取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

ページリクエストに応じた情報(オブジェクト)を返す。リクエストページに応じて情報は次の通り。
リクエストページ戻り値概要
カテゴリ、投稿タグ、その他のタクソノミーのアーカイブページタクソノミー情報(get_termget_category関数で取得できる情報)
投稿ページ投稿情報(内容は$postを参照)
投稿者アーカイブページ投稿者情報(内容は$authordataを参照)
投稿タイプアーカイブページ投稿タイプ情報(get_post_type_object関数で取得できる情報)
フロントページ(表示設定で「固定ページ」「投稿ページ」が選択時)固定ページ情報(get_page関数で取得できる情報)

注意

グローバル変数の$wp_queryが生成された後(ページリクエストに対する検索が行われた後)でなければ、目的の情報は取得できない。自テーマのfunctions.phpで使用する時は、タイミングに注意が必要である。

使用例

  • ページリクエストにマッチした情報を取得する。
    <?php $obj = get_queried_object(); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/query.php

関連

お勧めコンテンツ

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加しました。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

最終更新日時 : 2015-06-24 19:44