get_queried_object

(3.1.0以降)
get_queried_object - ページリクエストにマッチした情報を取得する

説明

mixed get_queried_object()
ページリクエストにマッチした情報(オブジェクト)を取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

ページリクエストに応じた情報(オブジェクト)を返す。リクエストページに応じて情報は次の通り。
リクエストページ戻り値概要
カテゴリ、投稿タグ、その他のタクソノミーのアーカイブページタクソノミー情報(get_termget_category関数で取得できる情報)
投稿ページ投稿情報(内容は$postを参照)
投稿者アーカイブページ投稿者情報(内容は$authordataを参照)
投稿タイプアーカイブページ投稿タイプ情報(get_post_type_object関数で取得できる情報)
フロントページ(表示設定で「固定ページ」「投稿ページ」が選択時)固定ページ情報(get_page関数で取得できる情報)

注意

グローバル変数の$wp_queryが生成された後(ページリクエストに対する検索が行われた後)でなければ、目的の情報は取得できない。自テーマのfunctions.phpで使用する時は、タイミングに注意が必要である。

使用例

  • ページリクエストにマッチした情報を取得する。
    <?php $obj = get_queried_object(); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/query.php

関連

お勧めコンテンツ

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

プラグインのヘッダー情報を国際化対応しよう(2017年6月19日 登録)

バージョン4.8がリリースされてひと段落。あらためてプラグイン一覧ページを見てみると「Akismet」が「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と表示されていた。説明文だけじゃなくプラグイン名も国際化対応できたのね。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

最終更新日時 : 2015-06-24 19:44