get_query_template

説明

string get_query_template( string $type [ , array $templates = array() ] )
テンプレートのパス名を取得する。

パラメータ

  • $type
    テンプレートタイプ名('index'、'404'、'archive'、'author'、'category'、'tag'、 'taxonomy'、'date'、'embed'、'home'、'frontpage'、'page'、 'paged'、'search'、'single'、'singular'、'attachment'のいずれか)を指定。
  • $templates
    テンプレートファイル名の配列を指定(省略時はarray())。

返り値

テンプレートのパス名を返す。

注意

各フィルターによって適用されるテンプレートファイルを制御できる。本関数を呼び出すことはまずないだろう。

パラメータ$templatesが空の場合は、"{$type}.php"が格納された配列となる。


使用例

  • 'single'テンプレートのパス名を取得する。
    <?php $templates = get_query_template( 'single' ); ?>

フィルター

[4.7.0]テンプレートを検索する前に"{$type}_template_hierarchy"フィルターを呼び出す。パラメータ$templatesにはテンプレートファイル名の配列が格納されている。
$templates = apply_filters( "{$type}_template_hierarchy", $templates );
[1.5.0]検索されたテンプレートのパス名を返す直前に"{$type}_template"フィルターを呼び出す。パラメータ$templateには検索されたテンプレートのパス名が格納されている。[4.8.0]パラメータ$type$templatesが追加となり、各内容が格納されている。
return apply_filters( "{$type}_template", $template, $type, $templates );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/template.php

最終更新 : 2019年05月08日 09:15



お勧め

5.3の新機能:サイト管理者のメールアドレスを定期的に確認する(2019年9月27日 更新)

WordPress 5.3 Beta 1」に記載されていた「Admin Email Verification」の項目が目に留まる。管理者のメールアドレスを定期的に確認するという仕組みがどんなものなのか気になったので、ちょっと調べてみた。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 更新)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値は get_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 更新)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月14日 更新)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2018年5月27日 更新)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。