get_query_var

(1.5.0以降)
get_query_var - 投稿検索に関連する変数の値を取得する

説明

mixed get_query_var( string $var )
投稿検索に関連する変数の値を取得する。

パラメータ

  • $var
    投稿検索に関連する変数名を指定。主な変数名は次の通り。
    変数名返り値の型意味
    catstringカテゴリID
    category_namestringカテゴリ名
    category__andarrayすべてに該当するカテゴリIDの配列
    category__inarray該当するカテゴリIDの配列
    category__not_inarray除外するカテゴリIDの配列
    meta_keystringカスタムフィールドの名前
    meta_valuestringカスタムフィールドの値
    orderstring並び順
    orderbystring並び順を決める項目名
    pint投稿情報ID
    pagedintページング時のページ番号
    post__inarray該当する投稿情報IDの配列
    post__not_inarray除外する投稿情報IDの配列
    posts_par_pageint1ページの投稿数
    sstring検索キーワード
    tagstring投稿タグ名
    tag_idint投稿タグID
    tag__andarrayすべてに該当する投稿タグIDの配列
    tag__inarray該当する投稿タグIDの配列
    tag__not_inarray除外する投稿タグIDの配列
    tag_slug__andarrayすべてに該当する投稿タグスラッグの配列
    tag_slug__inarray該当する投稿タグスラッグの配列

返り値

投稿検索に関連する変数の値を返す。パラメータ$varの名前に該当する変数がない場合は''を返す。

注意

テーマ内のfunctions.phpで使用する場合、投稿記事の検索が行われる前に実行すると検索関連の変数は設定されてないため、戻り値は必ず''となる。

使用例

  • 'paged'の値を取得する。
    <?php $value = get_query_var( 'paged' ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

プラグインのヘッダー情報を国際化対応しよう(2017年6月19日 登録)

バージョン4.8がリリースされてひと段落。あらためてプラグイン一覧ページを見てみると「Akismet」が「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と表示されていた。説明文だけじゃなくプラグイン名も国際化対応できたのね。

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

最終更新日時 : 2017-11-17 09:15