get_query_var

(1.5.0以降)
get_query_var - 投稿検索に関連する変数の値を取得する

説明

mixed get_query_var( string $var )
投稿検索に関連する変数の値を取得する。

パラメータ

  • $var
    投稿検索に関連する変数名を指定。主な変数名は次の通り。
    変数名返り値の型意味
    catstringカテゴリID
    category_namestringカテゴリ名
    category__andarrayすべてに該当するカテゴリIDの配列
    category__inarray該当するカテゴリIDの配列
    category__not_inarray除外するカテゴリIDの配列
    meta_keystringカスタムフィールドの名前
    meta_valuestringカスタムフィールドの値
    orderstring並び順
    orderbystring並び順を決める項目名
    pint投稿情報ID
    pagedintページング時のページ番号
    post__inarray該当する投稿情報IDの配列
    post__not_inarray除外する投稿情報IDの配列
    posts_par_pageint1ページの投稿数
    sstring検索キーワード
    tagstring投稿タグ名
    tag_idint投稿タグID
    tag__andarrayすべてに該当する投稿タグIDの配列
    tag__inarray該当する投稿タグIDの配列
    tag__not_inarray除外する投稿タグIDの配列
    tag_slug__andarrayすべてに該当する投稿タグスラッグの配列
    tag_slug__inarray該当する投稿タグスラッグの配列

返り値

投稿検索に関連する変数の値を返す。パラメータ$varの名前に該当する変数がない場合は''を返す。

注意

テーマ内のfunctions.phpで使用する場合、投稿記事の検索が行われる前に実行すると検索関連の変数は設定されてないため、戻り値は必ず''となる。

使用例

  • 'paged'の値を取得する。
    <?php $value = get_query_var( 'paged' ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

最終更新日時 : 2011-01-14 15:38