get_random_header_image

(3.2.0以降)
get_random_header_image - ヘッダ用イメージのURLをランダムに1つ取得する

説明

string get_random_header_image( )
複数のヘッダ用イメージからランダムに1つを選びそのURLを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

ヘッダ用イメージのURLを返す。テーマがヘッダ用イメージが登録されていない場合は''を返す。

注意

get_header_image関数から呼び出される。取得するURLはエスケープ処理を行っていないので必要に応じてesc_url_raw関数を利用する。

使用例

  • ヘッダ用イメージのURLをランダムに1つ取得する。
    <?php $url = get_random_header_image( ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

dashiconsの一覧表(2017年6月26日 登録)

管理画面のメニューなどで使用されるアイコンはバージョン3.8で追加されたdashiconsは実態はWebフォントであり、cssのクラス名で容易に利用できる。これまでプラグインを作る際に個別に調べたりしていたのだが、全体をパッと見たかったので整理してみた。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

最終更新日時 : 2011-07-05 19:54