get_search_form

(2.7.0以降)
get_search_form - 検索フォームを読み込む

説明

void get_search_form( [ bool $echo = true ] )
サイト内検索フォームのテンプレートファイルを読み込んで表示する。

パラメータ

  • $echo
    [3.0.0]表示する場合はtrue、内容を取得する場合はfalseを指定(省略時はtrue)

返り値

パラメータ$echoがfalseの場合は検索フォームのHTMLを返す。パラメータ$echoがtrueの場合は返り値はありません。

注意

テーマ内の検索フォームテンプレートファイルsearchform.phpが存在しない場合は、WordPress標準の検索フォームが表示される。

使用例

  • テーマ内の検索フォームテンプレートファイルsearchform.phpを読み込む。
    <?php get_search_form( ); ?>

フィルター

[3.6.0]'search_form_format'フィルターを呼び出す。パラメータ$formatはHTMLフォーマットの内容として'html5'または'xhtml'が格納されている。
$format = apply_filters( 'search_form_format', $format );
[2.7.0]表示または値を返す直前に'get_search_form'フィルターを呼び出す。パラメータ$formには検索フォームのHTMLが格納されている。
$result = apply_filters( 'get_search_form', $form );

アクション

[3.6.0]はじめにpre_get_search_formアクションを呼び出す。
do_action( 'pre_get_search_form' );

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

最終更新日時 : 2016-08-30 11:03