get_search_form

(2.7.0以降)
get_search_form - 検索フォームを読み込む

説明

void get_search_form( [ bool $echo = true ] )
サイト内検索フォームのテンプレートファイルを読み込んで表示する。

パラメータ

  • $echo
    [3.0.0]表示する場合はtrue、内容を取得する場合はfalseを指定(省略時はtrue)

返り値

パラメータ$echoがfalseの場合は検索フォームのHTMLを返す。パラメータ$echoがtrueの場合は返り値はありません。

注意

テーマ内の検索フォームテンプレートファイルsearchform.phpが存在しない場合は、WordPress標準の検索フォームが表示される。

使用例

  • テーマ内の検索フォームテンプレートファイルsearchform.phpを読み込む。
    <?php get_search_form( ); ?>

フィルター

[3.6.0]'search_form_format'フィルターを呼び出す。パラメータ$formatはHTMLフォーマットの内容として'html5'または'xhtml'が格納されている。
$format = apply_filters( 'search_form_format', $format );
[2.7.0]表示または値を返す直前に'get_search_form'フィルターを呼び出す。パラメータ$formには検索フォームのHTMLが格納されている。
$result = apply_filters( 'get_search_form', $form );

アクション

[3.6.0]はじめにpre_get_search_formアクションを呼び出す。
do_action( 'pre_get_search_form' );

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

最終更新日時 : 2016-08-30 11:03