get_search_query

(2.3.0以降)
get_search_query - 検索キーフレーズをする

説明

string get_search_query( [ bool $escaped = true ] )
ユーザによって検索フォームで入力された検索キーフレーズを取得する。

パラメータ

  • $escaped
    エスケープ処理を行う場合はtrue、行わない場合はfalseを指定

返り値

検索キーフレーズを返す。検索キーフレーズが未入力の場合は""を返す。

注意

返り値はstripslashes関数(PHP)によってバックスラッシュを取り除かれた文字列になる。

使用例

  • 検索キーフレーズを取得する。
    <?php $query = get_search_query( ); ?>
  • エスケープ処理を行わずに検索キーフレーズを取得する。
    <?php $query = get_search_query( false ); ?>

フィルター

'get_search_query'フィルターを呼び出す。$queryには、get_query_var( 's' )で取得した値が格納される。
$query = apply_filters( 'get_search_query', $query );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

検索ワード「-10,000円」を検索できるようにしたい(2017年7月20日 登録)

とあるサイトで「-10,000円」をキーワードに検索した際、予想と異なるページが表示され、ちょっと驚いた。今回はその原因調査と対策についてまとめてみた。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加、1.3.0では投稿タイトルのみの検索をサポートしました。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

最終更新日時 : 2013-01-19 11:43