get_search_query

(2.3.0以降)
get_search_query - 検索キーフレーズをする

説明

string get_search_query( [ bool $escaped = true ] )
ユーザによって検索フォームで入力された検索キーフレーズを取得する。

パラメータ

  • $escaped
    エスケープ処理を行う場合はtrue、行わない場合はfalseを指定

返り値

検索キーフレーズを返す。検索キーフレーズが未入力の場合は""を返す。

注意

返り値はstripslashes関数(PHP)によってバックスラッシュを取り除かれた文字列になる。

使用例

  • 検索キーフレーズを取得する。
    <?php $query = get_search_query( ); ?>
  • エスケープ処理を行わずに検索キーフレーズを取得する。
    <?php $query = get_search_query( false ); ?>

フィルター

'get_search_query'フィルターを呼び出す。$queryには、get_query_var( 's' )で取得した値が格納される。
$query = apply_filters( 'get_search_query', $query );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

最終更新日時 : 2013-01-19 11:43