get_site_icon_url

(4.3.0以降)
get_site_icon_url - サイトアイコンのURLを取得する

説明

string get_site_icon_url( [ int $size = 512 [ , string $url = '' [ , int $blog_id = 0 ] ] ] )
サイトアイコンのURLを取得する。

パラメータ

  • $size
    サイズ(ピクセル数)を指定(省略時は512)。
  • $url
    サイトアイコンが未設定時のURLを指定(省略時は'')。
  • $blog_id
    マルチサイト時のブログIDを指定(省略時は0)。

返り値

サイトアイコンが設定されている場合はそのURLを、設定されていない場合はパラメータ$urlの値を返す。

注意

パラメータ$sizeが512以上の場合、サイトアイコンのサイズは設定時の最大サイズとなる。

パラメータ$blog_idは、通常のシングルサイトやマルチサイト時のメインサイトに設定されたサイトアイコンの場合は不要である。

使用例

  • 最大サイズのサイトアイコンのURLを取得する。
    <?php $url = get_site_icon_url(); ?>
  • ブログIDが2のサイトに設定された32×32ピクセルのサイトアイコンを取得する。
    <?php $url = get_site_icon_url( 32, '', 2 ); ?>

フィルター

[4.4.0]URLを返す直前に'get_site_icon_url'フィルターを呼び出す。パラメータ$urlにはサイトアイコンのURLが、$size$blog_idには本関数が受け取った内容が格納される。
return apply_filters( 'get_site_icon_url', $url, $size, $blog_id );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

最終更新日時 : 2016-04-22 15:07