get_site_icon_url

(4.3.0以降)
get_site_icon_url - サイトアイコンのURLを取得する

説明

string get_site_icon_url( [ int $size = 512 [ , string $url = '' [ , int $blog_id = 0 ] ] ] )
サイトアイコンのURLを取得する。

パラメータ

  • $size
    サイズ(ピクセル数)を指定(省略時は512)。
  • $url
    サイトアイコンが未設定時のURLを指定(省略時は'')。
  • $blog_id
    マルチサイト時のブログIDを指定(省略時は0)。

返り値

サイトアイコンが設定されている場合はそのURLを、設定されていない場合はパラメータ$urlの値を返す。

注意

パラメータ$sizeが512以上の場合、サイトアイコンのサイズは設定時の最大サイズとなる。

パラメータ$blog_idは、通常のシングルサイトやマルチサイト時のメインサイトに設定されたサイトアイコンの場合は不要である。

使用例

  • 最大サイズのサイトアイコンのURLを取得する。
    <?php $url = get_site_icon_url(); ?>
  • ブログIDが2のサイトに設定された32×32ピクセルのサイトアイコンを取得する。
    <?php $url = get_site_icon_url( 32, '', 2 ); ?>

フィルター

[4.4.0]URLを返す直前に'get_site_icon_url'フィルターを呼び出す。パラメータ$urlにはサイトアイコンのURLが、$size$blog_idには本関数が受け取った内容が格納される。
return apply_filters( 'get_site_icon_url', $url, $size, $blog_id );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

さくらのVPSでKUSANAGI(2017年5月15日 登録)

請け負っていた業務が一段落したので、「さくらのVPS」で「KUSANAGI」を試してみました。推奨環境はメモリ4GBとなっているが、今回は実験的な利用なので、SSD 2GBプランでトライしました。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

最終更新日時 : 2016-04-22 15:07