get_site_option

説明

mixed get_site_option( string $option [ , mixed $default = false [ , bool $use_cache$deprecated = true ] ] )
サイトオプションの値を取得する。

パラメータ

  • $option
    サイトオプション名。'siteurl'、'site_name'、'user_count'、'blog_count'、'global_terms_enabled'など。
  • $default
    オプションの値(省略時はfalse)。
  • $use_cache$deprecated
    キャッシュに保存された値を使用する場合はtrue、使用しない場合はfalseを指定(省略時はtrue)。[4.4.0]非推奨で実質的に未使用。

返り値

パラメータ$optionで指定されたサイトオプションの値を返す。サイトオプションが登録されていない場合は、パラメータ$defaultの値となる。

注意

基本的にはマルチサイト向けの関数となる。サイトがシングルサイトの場合、 get_option関数を使用してその値を返す。

[4.4.0] get_network_option関数が準備され、中身はget_network_option関数へ移り、本関数はラッパー関数となった。


使用例

  • サイトオプション'site_name'の値を取得する。
    <?php $name = get_site_option( 'site_name' ); ?>

フィルター

[2.9.0]データベースに保存された値を取得する前に'pre_site_option_{$option}'フィルターを呼び出す。パラメータ$valueには省略時の値としてfalseが格納されている。
$pre = apply_filters( "pre_site_option_{$option}", $value );
[3.4.0]ネットワークオプションが未登録の場合は'default_site_option_{$option}'フィルターを呼び出す。パラメータ$defaultが格納されている。
return apply_filters( "default_site_option_{$option}", $default );
[2.9.0]オプションの値を返す前に'site_option_{$option}'フィルターを呼び出す。パラメータ$valueには取得したオプションの値が格納されている。
return apply_filters( "site_option_{$option}", $value );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/option.php

最終更新 : 2018年05月27日 10:50



お勧め

JavaScriptテンプレートを使ってみた(2018年8月21日 更新)

前回の記事」で取り上げた「WordPress Events and News」ウィジェットでは入力された地名のAJAX処理してその地名近隣のイベント情報を表示している。特に表示部分では「JavaScriptテンプレート」が採用されており、今更ながら調べてみた。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2018年5月27日 更新)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

任意の名前でエラーログファイルを指定する(2019年2月15日 更新)

来週にはWordPress 5.1がリリース。RC1のソースコードを見ていると、 wp_debug_mode関数が変更されており、興味深かった。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 更新)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月14日 更新)

久しぶりに query_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。