get_site_option

(2.8.0以降)
get_site_option - サイトオプションの値を取得する

説明

mixed get_site_option( string $option [ , mixed $default = false [ , bool $use_cache$deprecated = true ] ] )
サイトオプションの値を取得する。

パラメータ

  • $option
    サイトオプション名。'siteurl'、'site_name'、'user_count'、'blog_count'、'global_terms_enabled'など。
  • $default
    オプションの値(省略時はfalse)。
  • $use_cache$deprecated
    キャッシュに保存された値を使用する場合はtrue、使用しない場合はfalseを指定(省略時はtrue)。[4.4.0]非推奨で実質的に未使用。

返り値

パラメータ$optionで指定されたサイトオプションの値を返す。サイトオプションが登録されていない場合は、パラメータ$defaultの値となる。

注意

基本的にはマルチサイト向けの関数となる。サイトがシングルサイトの場合、get_option関数を使用してその値を返す。

[4.4.0]get_network_option関数が準備され、中身はget_network_option関数へ移り、本関数はラッパー関数となった。

使用例

  • サイトオプション'site_name'の値を取得する。
    <?php $name = get_site_option( 'site_name' ); ?>

フィルター

[2.9.0]データベースに保存された値を取得する前に'pre_site_option_{$option}'フィルターを呼び出す。パラメータ$valueには省略時の値としてfalseが格納されている。
$pre = apply_filters( "pre_site_option_{$option}", $value );
[3.4.0]ネットワークオプションが未登録の場合は'default_site_option_{$option}'フィルターを呼び出す。パラメータ$defaultが格納されている。
return apply_filters( "default_site_option_{$option}", $default );
[2.9.0]オプションの値を返す前に'site_option_{$option}'フィルターを呼び出す。パラメータ$valueには取得したオプションの値が格納されている。
return apply_filters( "site_option_{$option}", $value );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/option.php

関連

お勧めコンテンツ

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

最終更新日時 : 2017-03-23 13:27