get_site_option

説明

mixed get_site_option( string $option [ , mixed $default = false [ , bool $use_cache$deprecated = true ] ] )
サイトオプションの値を取得する。

パラメータ

  • $option
    サイトオプション名。'siteurl'、'site_name'、'user_count'、'blog_count'、'global_terms_enabled'など。
  • $default
    オプションの値(省略時はfalse)。
  • $use_cache$deprecated
    キャッシュに保存された値を使用する場合はtrue、使用しない場合はfalseを指定(省略時はtrue)。[4.4.0]非推奨で実質的に未使用。

返り値

パラメータ$optionで指定されたサイトオプションの値を返す。サイトオプションが登録されていない場合は、パラメータ$defaultの値となる。

注意

基本的にはマルチサイト向けの関数となる。サイトがシングルサイトの場合、 get_option関数を使用してその値を返す。

[4.4.0] get_network_option関数が準備され、中身はget_network_option関数へ移り、本関数はラッパー関数となった。


使用例

  • サイトオプション'site_name'の値を取得する。
    <?php $name = get_site_option( 'site_name' ); ?>

フィルター

[2.9.0]データベースに保存された値を取得する前に'pre_site_option_{$option}'フィルターを呼び出す。パラメータ$valueには省略時の値としてfalseが格納されている。
$pre = apply_filters( "pre_site_option_{$option}", $value );
[3.4.0]ネットワークオプションが未登録の場合は'default_site_option_{$option}'フィルターを呼び出す。パラメータ$defaultが格納されている。
return apply_filters( "default_site_option_{$option}", $default );
[2.9.0]オプションの値を返す前に'site_option_{$option}'フィルターを呼び出す。パラメータ$valueには取得したオプションの値が格納されている。
return apply_filters( "site_option_{$option}", $value );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/option.php

最終更新 : 2018年05月27日 10:50



お勧め

WP_List_Tableクラスの「一括操作」フォームを使ってみた(2018年5月27日 更新)

今回は「WP_List_Tableクラスを使ってみた」の続き。投稿一覧やプラグインページなどにある「一括操作」(Bulkアクション)フォーム対応に関するメモである。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2018年5月27日 更新)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

WordPressのコーディングスタンダードとPSR-2がかみ合わない(2018年5月27日 更新)

先日パソコンのストレージを換装して開発環境を再構築。エディタのEclipseは「Neon(4.6)」から「Oxygen(4.7)」へ切り替わった。コードを書き始めるとそこはかとなく違和感があり、調べていくとPHPの「Code Style(Formatter)」が「PSR-2」に設定されていることが原因だった。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 更新)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2018年5月27日 更新)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。