get_site_url

(3.0.0以降)
get_site_url - 任意のブログのサイトURLを取得する

説明

string get_site_url( [ int $blog_id = null [ , string $path = '' [ , string $scheme = null ] ] ] )
任意のブログのサイトURLを取得する。サイトURLは、管理者ページの「設定」-「一般」の「WordPressのアドレス(URL)」のこと。

パラメータ

  • $blog_id
    サイトURLを取得するブログIDを指定(省略時はnullで現在のブログとなる)。
  • $path
    サイトURLに追加するパス名を指定(省略時は'')。
  • $scheme
    スキーマ名として'http'、'https'、'login'、'login_post'、'admin'の何れかを指定(省略時はnullで自動判別)。

返り値

任意のブログのサイトURL(スキーマ名を含むフルパス名)を返す。

注意

スキーマ名は、'http'、'https'以外に指定でき、サイトの状況に応じて'http'か'https'のどちらかが適用される。

使用例

  • 現在のブログのサイトURLを取得する。
    <?php $site = get_site_url( null, '/' ); ?>
  • ブログIDが2のサイトURLを取得する。
    <?php $blog_site = get_site_url( 2, '/' ); ?>

関連

  • get_admin_url - 管理者ページのURLを取得する(マルチサイト対応)
  • get_home_url - 任意のブログのホームURLを取得する
  • site_url - 現在のブログのサイトURLを取得する

お勧めコンテンツ

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

さくらのVPSでKUSANAGI(2017年5月15日 登録)

請け負っていた業務が一段落したので、「さくらのVPS」で「KUSANAGI」を試してみました。推奨環境はメモリ4GBとなっているが、今回は実験的な利用なので、SSD 2GBプランでトライしました。

ログインページのタイトルを変更してみる(2017年11月17日 登録)

バージョン4.9では新しいフィルターやフィルターのパラメータの追加が多数行われている。ここではその一例としてログインページ関連で追加された2つのフィルターを紹介する。

Login rebuilder 2.3.0の新機能を紹介(2017年8月31日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」はログイン時の履歴(ログ)や不正なログインページへのアクセス履歴を保存している。これらの履歴情報はダッシュボートで確認できるが、バージョン2.3.0においてそれぞれがダウンロードできるようになった。

最終更新日時 : 2010-06-10 11:03