get_site_url

(3.0.0以降)
get_site_url - 任意のブログのサイトURLを取得する

説明

string get_site_url( [ int $blog_id = null [ , string $path = '' [ , string $scheme = null ] ] ] )
任意のブログのサイトURLを取得する。サイトURLは、管理者ページの「設定」-「一般」の「WordPressのアドレス(URL)」のこと。

パラメータ

  • $blog_id
    サイトURLを取得するブログIDを指定(省略時はnullで現在のブログとなる)。
  • $path
    サイトURLに追加するパス名を指定(省略時は'')。
  • $scheme
    スキーマ名として'http'、'https'、'login'、'login_post'、'admin'の何れかを指定(省略時はnullで自動判別)。

返り値

任意のブログのサイトURL(スキーマ名を含むフルパス名)を返す。

注意

スキーマ名は、'http'、'https'以外に指定でき、サイトの状況に応じて'http'か'https'のどちらかが適用される。

使用例

  • 現在のブログのサイトURLを取得する。
    <?php $site = get_site_url( null, '/' ); ?>
  • ブログIDが2のサイトURLを取得する。
    <?php $blog_site = get_site_url( 2, '/' ); ?>

関連

  • get_admin_url - 管理者ページのURLを取得する(マルチサイト対応)
  • get_home_url - 任意のブログのホームURLを取得する
  • site_url - 現在のブログのサイトURLを取得する

お勧めコンテンツ

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

最終更新日時 : 2010-06-10 11:03