get_status_header_desc

(2.3.0以降)
get_status_header_desc - HTTPステータス説明文を取得する

説明

string get_status_header_desc( int $code )
HTTPステータス説明文を取得する。

パラメータ

  • $code
    HTTPステータスコード。

返り値

パラメータ$codeに応じたHTTPステータス説明文を返す。未知のステータスコードを指定した場合は''を返す。

注意

主なステータスコードと説明文は次の通り。
コード説明文
200OK
301Moved Permanently
302Found
403Forbidden
404Not Found

使用例

  • HTTPステータスコード403の説明文を取得する。
    <?php $desc = get_status_header_desc( 403 ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

最終更新日時 : 2010-05-24 17:05