get_status_header_desc

説明

string get_status_header_desc( int $code )
HTTPステータス説明文を取得する。

パラメータ

  • $code
    HTTPステータスコード。

返り値

パラメータ$codeに応じたHTTPステータス説明文を返す。未知のステータスコードを指定した場合は''を返す。

注意

主なステータスコードと説明文は次の通り。
コード説明文バージョン
100Continue2.3.0~
101Switching Protocols2.3.0~
102Processing2.3.0~
103Early Hints5.1.0~
200OK2.3.0~
201Created2.3.0~
202Accepted2.3.0~
203Non-Authoritative Information2.3.0~
204No Content2.3.0~
205Reset Content2.3.0~
206Partial Content2.3.0~
207Multi-Status2.3.0~
226IM Used2.3.0~
300Multiple Choices2.3.0~
301Moved Permanently2.3.0~
302Found2.3.0~
303See Other2.3.0~
304Not Modified2.3.0~
305Use Proxy2.3.0~
306Reserved2.3.0~
307Temporary Redirect2.3.0~
308Permanent Redirect4.5.0~
400Bad Request2.3.0~
401Unauthorized2.3.0~
402Payment Required2.3.0~
403Forbidden2.3.0~
404Not Found2.3.0~
405Method Not Allowed2.3.0~
406Not Acceptable2.3.0~
407Proxy Authentication Required2.3.0~
408Request Timeout2.3.0~
409Conflict2.3.0~
410Gone2.3.0~
411Length Required2.3.0~
412Precondition Failed2.3.0~
413Request Entity Too Large2.3.0~
414Request-URI Too Long2.3.0~
415Unsupported Media Type2.3.0~
416Requested Range Not Satisfiable2.3.0~
417Expectation Failed2.3.0~
418I'm a teapot3.9.0~
421Misdirected Request4.5.0~
422Unprocessable Entity2.3.0~
423Locked2.3.0~
424Failed Dependency2.3.0~
426Upgrade Required2.3.0~
428Precondition Required3.9.0~
429Too Many Requests3.9.0~
431Request Header Fields Too Large3.9.0~
451Unavailable For Legal Reasons4.5.0~
500Internal Server Error2.3.0~
501Not Implemented2.3.0~
502Bad Gateway2.3.0~
503Service Unavailable2.3.0~
504Gateway Timeout2.3.0~
505HTTP Version Not Supported2.3.0~
506Variant Also Negotiates2.3.0~
507Insufficient Storage2.3.0~
510Not Extended2.3.0~
511Network Authentication Required3.9.0~

使用例

  • HTTPステータスコード403の説明文を取得する。
    <?php $desc = get_status_header_desc( 403 ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

最終更新 : 2019年02月22日 14:23



お勧め

5.3の新機能:クエリーログに任意の項目を追加できる新フィルター(2019年10月23日 更新)

5.3 RC2」が公開され、正式リリースまであと20日。公式ディレクトリにプラグインを公開していることもあり、5.3に関する開発者向けの情報「Miscellaneous Developer Focused Changes in 5.3」を読んでいる。

Login rebuilder 2.7.4の変更内容を紹介(2022年7月6日 更新)

Login rebuilder 2.7.4では、ダッシュボードの「ログインのログ」ウィジェット内に現在のユーザー(管理者のみ)のログイン状況を簡潔なメッセージで表示するようにした。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 更新)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 更新)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

oEmbed対応サイトを整理した(2023年8月9日 更新)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。