get_status_header_desc

説明

string get_status_header_desc( int $code )
HTTPステータス説明文を取得する。

パラメータ

  • $code
    HTTPステータスコード。

返り値

パラメータ$codeに応じたHTTPステータス説明文を返す。未知のステータスコードを指定した場合は''を返す。

注意

主なステータスコードと説明文は次の通り。
コード説明文バージョン
100Continue2.3.0~
101Switching Protocols2.3.0~
102Processing2.3.0~
103Early Hints5.1.0~
200OK2.3.0~
201Created2.3.0~
202Accepted2.3.0~
203Non-Authoritative Information2.3.0~
204No Content2.3.0~
205Reset Content2.3.0~
206Partial Content2.3.0~
207Multi-Status2.3.0~
226IM Used2.3.0~
300Multiple Choices2.3.0~
301Moved Permanently2.3.0~
302Found2.3.0~
303See Other2.3.0~
304Not Modified2.3.0~
305Use Proxy2.3.0~
306Reserved2.3.0~
307Temporary Redirect2.3.0~
308Permanent Redirect4.5.0~
400Bad Request2.3.0~
401Unauthorized2.3.0~
402Payment Required2.3.0~
403Forbidden2.3.0~
404Not Found2.3.0~
405Method Not Allowed2.3.0~
406Not Acceptable2.3.0~
407Proxy Authentication Required2.3.0~
408Request Timeout2.3.0~
409Conflict2.3.0~
410Gone2.3.0~
411Length Required2.3.0~
412Precondition Failed2.3.0~
413Request Entity Too Large2.3.0~
414Request-URI Too Long2.3.0~
415Unsupported Media Type2.3.0~
416Requested Range Not Satisfiable2.3.0~
417Expectation Failed2.3.0~
418I'm a teapot3.9.0~
421Misdirected Request4.5.0~
422Unprocessable Entity2.3.0~
423Locked2.3.0~
424Failed Dependency2.3.0~
426Upgrade Required2.3.0~
428Precondition Required3.9.0~
429Too Many Requests3.9.0~
431Request Header Fields Too Large3.9.0~
451Unavailable For Legal Reasons4.5.0~
500Internal Server Error2.3.0~
501Not Implemented2.3.0~
502Bad Gateway2.3.0~
503Service Unavailable2.3.0~
504Gateway Timeout2.3.0~
505HTTP Version Not Supported2.3.0~
506Variant Also Negotiates2.3.0~
507Insufficient Storage2.3.0~
510Not Extended2.3.0~
511Network Authentication Required3.9.0~

使用例

  • HTTPステータスコード403の説明文を取得する。
    <?php $desc = get_status_header_desc( 403 ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

最終更新 : 2019年02月22日 14:23



お勧め

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 更新)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

Emojin:プラグイン作ってみました(2015年3月21日 更新)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

Contact Form 7に確認フェーズを(2012年12月16日 更新)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

プラグインのヘッダー情報を国際化対応しよう(2018年5月27日 更新)

バージョン4.8がリリースされてひと段落。あらためてプラグイン一覧ページを見てみると「Akismet」が「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と表示されていた。説明文だけじゃなくプラグイン名も国際化対応できたのね。

メタボックスをクラシックエディターのみで表示する(2019年1月15日 更新)

投稿画面向けにメタボックスを使ったプラグインがあり、それがブロックエディターで意図した通りに機能しなかった。この対処方法を考える過程でエディタータイプに応じてメタボックスを出し分けできる方法が見つかったので紹介したい。