get_status_header_desc

説明

string get_status_header_desc( int $code )
HTTPステータス説明文を取得する。

パラメータ

  • $code
    HTTPステータスコード。

返り値

パラメータ$codeに応じたHTTPステータス説明文を返す。未知のステータスコードを指定した場合は''を返す。

注意

主なステータスコードと説明文は次の通り。
コード説明文バージョン
100Continue2.3.0~
101Switching Protocols2.3.0~
102Processing2.3.0~
103Early Hints5.1.0~
200OK2.3.0~
201Created2.3.0~
202Accepted2.3.0~
203Non-Authoritative Information2.3.0~
204No Content2.3.0~
205Reset Content2.3.0~
206Partial Content2.3.0~
207Multi-Status2.3.0~
226IM Used2.3.0~
300Multiple Choices2.3.0~
301Moved Permanently2.3.0~
302Found2.3.0~
303See Other2.3.0~
304Not Modified2.3.0~
305Use Proxy2.3.0~
306Reserved2.3.0~
307Temporary Redirect2.3.0~
308Permanent Redirect4.5.0~
400Bad Request2.3.0~
401Unauthorized2.3.0~
402Payment Required2.3.0~
403Forbidden2.3.0~
404Not Found2.3.0~
405Method Not Allowed2.3.0~
406Not Acceptable2.3.0~
407Proxy Authentication Required2.3.0~
408Request Timeout2.3.0~
409Conflict2.3.0~
410Gone2.3.0~
411Length Required2.3.0~
412Precondition Failed2.3.0~
413Request Entity Too Large2.3.0~
414Request-URI Too Long2.3.0~
415Unsupported Media Type2.3.0~
416Requested Range Not Satisfiable2.3.0~
417Expectation Failed2.3.0~
418I'm a teapot3.9.0~
421Misdirected Request4.5.0~
422Unprocessable Entity2.3.0~
423Locked2.3.0~
424Failed Dependency2.3.0~
426Upgrade Required2.3.0~
428Precondition Required3.9.0~
429Too Many Requests3.9.0~
431Request Header Fields Too Large3.9.0~
451Unavailable For Legal Reasons4.5.0~
500Internal Server Error2.3.0~
501Not Implemented2.3.0~
502Bad Gateway2.3.0~
503Service Unavailable2.3.0~
504Gateway Timeout2.3.0~
505HTTP Version Not Supported2.3.0~
506Variant Also Negotiates2.3.0~
507Insufficient Storage2.3.0~
510Not Extended2.3.0~
511Network Authentication Required3.9.0~

使用例

  • HTTPステータスコード403の説明文を取得する。
    <?php $desc = get_status_header_desc( 403 ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

最終更新 : 2019年02月22日 14:23



お勧め

ログインページのタイトルを変更してみる(2018年5月27日 更新)

バージョン4.9では新しいフィルターやフィルターのパラメータの追加が多数行われている。ここではその一例としてログインページ関連で追加された2つのフィルターを紹介する。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 更新)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

meta_compare_key使ってみた(2019年3月19日 更新)

ブロックエディターの登場により、標準のカスタムフィールドを使う機会はかなり減った気がする。そんな中、5.1.0で追加されたのが、カスタムフィールド名(メタキー)に含まれる文字列を指定する'meta_compare_key'キーだ。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 更新)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2019年4月22日 更新)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加。2.2.0では管理者のログイン時にメールで通知する機能を追加しました。