get_status_header_desc

(2.3.0以降)
get_status_header_desc - HTTPステータス説明文を取得する

説明

string get_status_header_desc( int $code )
HTTPステータス説明文を取得する。

パラメータ

  • $code
    HTTPステータスコード。

返り値

パラメータ$codeに応じたHTTPステータス説明文を返す。未知のステータスコードを指定した場合は''を返す。

注意

主なステータスコードと説明文は次の通り。
コード説明文
200OK
301Moved Permanently
302Found
403Forbidden
404Not Found

使用例

  • HTTPステータスコード403の説明文を取得する。
    <?php $desc = get_status_header_desc( 403 ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

最終更新日時 : 2010-05-24 17:05