get_stylesheet_directory_uri

(1.5.0以降)
get_stylesheet_directory_uri - 現在のテーマのURLを取得する

説明

string get_stylesheet_directory_uri( )
現在のテーマ(スタイルシートがあるディレクトリ)のURLを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

現在のテーマのスタイルシートがあるディレクトリのURLを返す。

注意

末尾に'/'は付与されない。標準的なテーマの場合、このget_stylesheet_directory_uri関数で取得できる値と、get_template_directory_uri関数で取得できる値は同じになるが、現在のテーマが子テーマの場合は異なるURLになる。そのため、確実に現在のテーマのパス名を取得する場合は、get_template_directory_uri関数ではなく、get_stylesheet_directory_uri関数を使う。

使用例

  • 現在のテーマのスタイルシートがあるディレクトリのURLを取得する。
    <?php $style_path = get_stylesheet_directory_uri( ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

最終更新日時 : 2016-12-29 10:08