get_stylesheet_directory_uri

(1.5.0以降)
get_stylesheet_directory_uri - 現在のテーマのURLを取得する

説明

string get_stylesheet_directory_uri( )
現在のテーマ(スタイルシートがあるディレクトリ)のURLを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

現在のテーマのスタイルシートがあるディレクトリのURLを返す。

注意

末尾に'/'は付与されない。標準的なテーマの場合、このget_stylesheet_directory_uri関数で取得できる値と、get_template_directory_uri関数で取得できる値は同じになるが、現在のテーマが子テーマの場合は異なるURLになる。そのため、確実に現在のテーマのパス名を取得する場合は、get_template_directory_uri関数ではなく、get_stylesheet_directory_uri関数を使う。

使用例

  • 現在のテーマのスタイルシートがあるディレクトリのURLを取得する。
    <?php $style_path = get_stylesheet_directory_uri( ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加。最新の2.2.0では管理者のログイン時にメールで通知する機能を追加しました。

最終更新日時 : 2016-12-29 10:08