get_stylesheet_directory_uri

(1.5.0以降)
get_stylesheet_directory_uri - 現在のテーマのURLを取得する

説明

string get_stylesheet_directory_uri( )
現在のテーマ(スタイルシートがあるディレクトリ)のURLを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

現在のテーマのスタイルシートがあるディレクトリのURLを返す。

注意

末尾に'/'は付与されない。標準的なテーマの場合、このget_stylesheet_directory_uri関数で取得できる値と、get_template_directory_uri関数で取得できる値は同じになるが、現在のテーマが子テーマの場合は異なるURLになる。そのため、確実に現在のテーマのパス名を取得する場合は、get_template_directory_uri関数ではなく、get_stylesheet_directory_uri関数を使う。

使用例

  • 現在のテーマのスタイルシートがあるディレクトリのURLを取得する。
    <?php $style_path = get_stylesheet_directory_uri( ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.0.0の新機能は「こちら」で確認してください。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

最終更新日時 : 2016-12-29 10:08