get_tag

(2.3.0以降)
get_tag - 投稿タグ情報を取得する

説明

mixed get_tag( mixed $tag [ , string $output = OBJECT [ , string $filter = 'raw' ] ] )
投稿タグ情報を取得する。

パラメータ

  • $tag
    投稿タグのオブジェクトかIDを指定。
  • $output
    出力形式としてOBJECT、ARRAY_A、ARRAY_Nの何れかを指定(省略時はOBJECT)。
  • $filter
    フィルターを指定(省略時は'raw')。

返り値

パラメータ$outputで指定された形式で投稿タグ情報を返す。投稿タグが見つからなかった場合はnullを返す。

注意

この関数の内部ではget_term関数を呼び出している。

使用例

  • IDが10の投稿タグ情報をオブジェクトで取得する。
    <?php $tag = get_tag( 10 ); ?>
  • IDが10の投稿タグ情報を連想配列で取得する。
    <?php $tag = get_tag( 10, ARRAY_A ); ?>

関連

  • get_tags - タグ情報を取得する
  • get_term - IDを指定してカテゴリー・タグ情報を取得する

お勧めコンテンツ

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

最終更新日時 : 2011-11-15 18:01