get_tag_link

(2.3.0以降)
get_tag_link - 投稿タグのリンク文字列を取得する

説明

string get_tag_link( mixed $tag )
投稿タグのリンク文字列を取得する。

パラメータ

  • $tag
    投稿タグのIDかオブジェクトを指定。

返り値

投稿タグのリンク文字列を返す。パラメータ$tagが無効な値の場合は、''を返す。リンク文字列の書式は次の通り(slugの部分には投稿タグのスラッグが入る)。
http://ドメイン名/?tag=slug

注意

内部ではget_term_linkを呼び出している。

使用例

  • 投稿タグのIDが11のリンク文字列を取得する。
    <?php $link = get_tag_link( 11 ); ?>

関連

  • get_term_link - タクソノミーのリンク文字列を取得する

お勧めコンテンツ

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2017年5月16日 登録)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

最終更新日時 : 2011-05-27 12:20