get_taxonomies

(3.0.0以降)
get_taxonomies - タクソノミー情報を取得する

説明

array get_taxonomies( [ array $args = array() [ , string $output = 'names' [ , string $operator = 'and' ] ] ] )
タクソノミー情報を取得する。

パラメータ

  • $args
    絞り込み条件要素を連想配列で指定(省略時はarray())。
  • $output
    取得する情報内容として'names'または'objects'を指定(省略時は'names')。
  • $operator
    絞り込み条件の論理演算子として'and'、'or'、'not'のいずれかを指定(省略時は'and')。

返り値

パラメータにマッチしたタクソノミー情報を配列で返す。

注意

カテゴリやタグといったタクソノミー情報をまとめて取得する。使い方は、投稿タイプ情報を取得するget_post_types関数と同じである。

使用例

  • すべてのタクソノミー名を取得する。
    <?php $tax = get_taxonomies(); ?>
  • 公開されているタクソノミー情報を取得する。
    <?php $tax = get_taxonomies( array( 'public'=>true ), 'objects' ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

関連

お勧めコンテンツ

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

最終更新日時 : 2016-01-12 17:32