get_taxonomy

(2.3.0以降)
get_taxonomy - タクソノミー情報を取得する

説明

mixed get_taxonomy( string $taxonomy )
タクソノミー情報を取得する。

パラメータ

  • $taxonomy
    標準のカテゴリー(category)や投稿タグ(post_tag)、カスタムタクソノミーのタクソノミー名を指定する。

返り値

タクソノミーが登録されている場合はそのタクソノミー情報(オブジェクト)を、登録されていない場合はfalseを返す。
プロパティ名データ型意味
labelsstdClassタクソノミー登録時に連想配列で指定した内容のオブジェクト(name、singular_name、earch_items、popular_items、all_itemsなど)
descriptionstringタクソノミーの説明
publicbool公開の場合はtrue
hierarchicalbool親子関係がある場合はtrue
show_uibool管理画面(投稿ページ)でウィジェットを表示する場合はtrue
show_in_menubool管理画面メニューに表示する場合はtrue
show_in_nav_menusbool
show_tagcloudbool管理画面でクラウド表示する場合はtrue
show_admin_columnbool管理画面で複数指定されている場合にカンマで区切って表示する場合はtrue
meta_box_cbmixedメタボックス表示用のコールバック関数名
rewritemixedアーカイブページのリライト情報
query_varstringクエリー変数名
update_count_callbackmixed投稿数カウント用のコールバック関数名
_builtinboolカテゴリーや投稿タグなどの標準組み込みタクソノミーはtrue、カスタムタクソノミーはfalse
capstdClass関連するケイパビリティのオブジェクト(manage_terms、edit_terms、delete_terms、assign_terms)
namestringタクソノミー名
object_typearray関連する投稿タイプ名の配列
labelstringタクソノミーラベル

注意

名前を含む複数の条件にマッチするタクソノミー情報を取得する場合は、get_taxonomies関数が利用できる。

使用例

  • カテゴリーのタクソノミー情報を取得する。
    <?php $tax = get_taxonomy( 'category' ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

関連

お勧めコンテンツ

日本語が含まれていないコメントを無効化する(2012年1月31日 登録)

日本のユーザーを対象にサービス(情報)展開しているサイトの場合、英文のみのコメントはあまりうれしくない。ましてやスパムコメントの対応は時間の無駄でしかない。そんなわけで、日本語を含んでいないコメントを無効化することにした。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

dashiconsの一覧表(2017年6月26日 登録)

管理画面のメニューなどで使用されるアイコンはバージョン3.8で追加されたdashiconsは実態はWebフォントであり、cssのクラス名で容易に利用できる。これまでプラグインを作る際に個別に調べたりしていたのだが、全体をパッと見たかったので整理してみた。

最終更新日時 : 2015-06-25 12:39