get_taxonomy

説明

mixed get_taxonomy( string $taxonomy )
タクソノミー情報を取得する。

パラメータ

  • $taxonomy
    標準のカテゴリー(category)や投稿タグ(post_tag)、カスタムタクソノミーのタクソノミー名を指定する。

返り値

タクソノミーが登録されている場合はそのタクソノミー情報(オブジェクト)を、登録されていない場合はfalseを返す。
プロパティ名データ型意味
labelsstdClassタクソノミー登録時に連想配列で指定した内容のオブジェクト(name、singular_name、earch_items、popular_items、all_itemsなど)
descriptionstringタクソノミーの説明
publicbool公開の場合はtrue
hierarchicalbool親子関係がある場合はtrue
show_uibool管理画面(投稿ページ)でウィジェットを表示する場合はtrue
show_in_menubool管理画面メニューに表示する場合はtrue
show_in_nav_menusbool
show_tagcloudbool管理画面でクラウド表示する場合はtrue
show_admin_columnbool管理画面で複数指定されている場合にカンマで区切って表示する場合はtrue
meta_box_cbmixedメタボックス表示用のコールバック関数名
rewritemixedアーカイブページのリライト情報
query_varstringクエリー変数名
update_count_callbackmixed投稿数カウント用のコールバック関数名
_builtinboolカテゴリーや投稿タグなどの標準組み込みタクソノミーはtrue、カスタムタクソノミーはfalse
capstdClass関連するケイパビリティのオブジェクト(manage_terms、edit_terms、delete_terms、assign_terms)
namestringタクソノミー名
object_typearray関連する投稿タイプ名の配列
labelstringタクソノミーラベル

注意

名前を含む複数の条件にマッチするタクソノミー情報を取得する場合は、 get_taxonomies関数が利用できる。

使用例

  • カテゴリーのタクソノミー情報を取得する。
    <?php $tax = get_taxonomy( 'category' ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

最終更新 : 2015年06月25日 12:39



お勧め

プラグインのヘッダー情報を国際化対応しよう(2018年5月27日 更新)

バージョン4.8がリリースされてひと段落。あらためてプラグイン一覧ページを見てみると「Akismet」が「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と表示されていた。説明文だけじゃなくプラグイン名も国際化対応できたのね。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 更新)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 更新)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 更新)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 更新)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。