get_taxonomy

説明

mixed get_taxonomy( string $taxonomy )
タクソノミー情報を取得する。

パラメータ

  • $taxonomy
    標準のカテゴリー(category)や投稿タグ(post_tag)、カスタムタクソノミーのタクソノミー名を指定する。

返り値

タクソノミーが登録されている場合はそのタクソノミー情報(オブジェクト)を、登録されていない場合はfalseを返す。
プロパティ名データ型意味
labelsstdClassタクソノミー登録時に連想配列で指定した内容のオブジェクト(name、singular_name、earch_items、popular_items、all_itemsなど)
descriptionstringタクソノミーの説明
publicbool公開の場合はtrue
hierarchicalbool親子関係がある場合はtrue
show_uibool管理画面(投稿ページ)でウィジェットを表示する場合はtrue
show_in_menubool管理画面メニューに表示する場合はtrue
show_in_nav_menusbool
show_tagcloudbool管理画面でクラウド表示する場合はtrue
show_admin_columnbool管理画面で複数指定されている場合にカンマで区切って表示する場合はtrue
meta_box_cbmixedメタボックス表示用のコールバック関数名
rewritemixedアーカイブページのリライト情報
query_varstringクエリー変数名
update_count_callbackmixed投稿数カウント用のコールバック関数名
_builtinboolカテゴリーや投稿タグなどの標準組み込みタクソノミーはtrue、カスタムタクソノミーはfalse
capstdClass関連するケイパビリティのオブジェクト(manage_terms、edit_terms、delete_terms、assign_terms)
namestringタクソノミー名
object_typearray関連する投稿タイプ名の配列
labelstringタクソノミーラベル

注意

名前を含む複数の条件にマッチするタクソノミー情報を取得する場合は、 get_taxonomies関数が利用できる。

使用例

  • カテゴリーのタクソノミー情報を取得する。
    <?php $tax = get_taxonomy( 'category' ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

最終更新 : 2015年06月25日 12:39



お勧め

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 更新)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 更新)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとして add_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

「順序」をtextからnumberに変更してみた(2018年5月27日 更新)

固定ページの編集画面の「投稿の属性」ウィジェットには、ページの並び替えに使用できる「順序」のinput要素がある。この「順序」のinput要素はtype属性が'text'となっており、編集の際にIMEが有効になってしまう場合がある。ページの編集頻度が多くなると、その都度IMEをオフにするのがやや面倒になってくる。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 更新)

ログイン関係を調べている関係で、 wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

5.3の機能強化:カスタムフィールドキーの条件指定が使いやすくなる(2019年11月19日 更新)

5.3 RC4もリリースされ、正式リリースまであと1週間。5.3の変更点を確認していると、WP_Meta_Queryクラスが変更されていた。これは「Expanded meta key comparison operators in 5.3」で紹介されており、さまざまな条件指定が追加されていた。