get_template_directory_uri

(1.5.0以降)
get_template_directory_uri - テンプレートのパス名(URI)を取得する

説明

string get_template_directory_uri( )
現在のテンプレートのパス名(URI)を取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

テンプレートのパス名(URI)を返す。

注意

get_bloginfo( 'template_url' )で取得できるURIと同じ。 例えば、ドメインがlocalhostでWordPressをルートにインストールし、テーマがmythemeの場合、取得できるURIは次のようになる。
http://localhost/wp-content/themes/mytheme
※URIの末尾に'/'は付かない。

使用例

  • 現在のアップロードディレクトリ(パス名)を取得する。
    <?php $template_uri = get_template_directory_uri(); ?>

関連

お勧めコンテンツ

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

プラグインのヘッダー情報を国際化対応しよう(2017年6月19日 登録)

バージョン4.8がリリースされてひと段落。あらためてプラグイン一覧ページを見てみると「Akismet」が「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と表示されていた。説明文だけじゃなくプラグイン名も国際化対応できたのね。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

最終更新日時 : 2016-12-29 10:08