get_template_directory_uri

(1.5.0以降)
get_template_directory_uri - テンプレートのパス名(URI)を取得する

説明

string get_template_directory_uri( )
現在のテンプレートのパス名(URI)を取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

テンプレートのパス名(URI)を返す。

注意

get_bloginfo( 'template_url' )で取得できるURIと同じ。 例えば、ドメインがlocalhostでWordPressをルートにインストールし、テーマがmythemeの場合、取得できるURIは次のようになる。
http://localhost/wp-content/themes/mytheme
※URIの末尾に'/'は付かない。

使用例

  • 現在のアップロードディレクトリ(パス名)を取得する。
    <?php $template_uri = get_template_directory_uri(); ?>

関連

お勧めコンテンツ

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.7.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加しました。

最終更新日時 : 2016-12-29 10:08